野球の手袋選び!人気・おすすめとお手入れ方法

公開日: : 最終更新日:2017/04/25 スポーツ ,

野球

野球は屋外でするスポーツなので、手袋をはめている選手も多く見かけます。守備をしているときは、守備用手袋、バッティングをしているときはバッティング手袋というそれぞれ専用のものもあるのです。これから本格的に野球を初めて見たい方に紹介します。

スポンサードリンク

 

どういうもの?

守備用手袋というのは、手のひら側に薄いパットが付いていて衝撃を吸収してくれます。人差し指までパッドが付いているものもあります。寒い時期にかじかんだ手で捕球するととても痛いものですのであると便利です。

バッティング手袋も主に衝撃吸収の役割がありますが、滑り止め機能もついているものが多いです。バッティング手袋も守備用手袋も使い分けず攻守共に使用しているプロ選手もいますので、別々にもっても共用してもよいと思います

 

人気は?

スポーツメーカーのものが人気です。学年が上がるにつれて黒のものを使用する子が多くなります。やはり男の子が多いのでシックな見た目にこだらるのでしょう。また、メジャーなスポーツメーカー以外にも、野球用品専門を専門に扱うSSKやZEETなども人気が高く、評価も高いです。

おすすめは?

守備兼打撃手袋」をおすすめします。キャッチボールからトスバッティングに移行するとき、守備から打撃に移るとき、左手は手袋をつけっぱなしで済むので非常に楽です。手袋は、手首にフィットするようにマジックテープがついたものが多いので、意外と着脱が面倒くさいものですので、スポーツメーカーが兼用手袋として販売しているものならば、躊躇わずに守備打撃に使用できますよ。

そして、購入前のフィッティングをおすすめします。手を痛めないよう、指や手のひらの補強ばかりに目が行きがちですが、捕球の感覚を大切にしましょう。

 

価格は?

安いものなら3000円~買えますし、スポーツブランドのものでも5000円ほどで購入可能でしょう。片手だけでも販売しているものもありますので、そういったものならばもう少し安くなります。

 

お手入れは?

人口皮なら洗ってもOKですが、天然皮のものならば洗えません専用のクリームを使って手入れしましょう。多少の汚れは、湿った布で拭き取り、使ったら風通しの良いところに干すことをおすすめします。かなりの汗をかくので使い続けることで相当臭くなります。消臭スプレーなどもかけましょう。

これは、私の意見になりますが、汗をかくスポーツですので、水洗い可能な手袋を購入することをおすすめします。汚いし臭いのに洗えないというのは、相当辛いものです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

びわ湖花火大会2015
びわ湖花火大会2017!見どころと有料席や穴場スポットを紹介

毎年、湖畔の城下町を彩るびわ湖花火大会。2017年は8月8日(火)の1

足立花火大会
足立花火大会2017!見どころや穴場を紹介

足立花火大会は、荒川河川敷にて行われる花火大会です。打上数約1万200

隅田川花火大会スカイツリー
隅田川花火大会2017の会場の違いと穴場スポット

今年も隅田川花火大会が7月29日(土)午後7時5分~午後8時30分に開

PAGE TOP ↑