クリスマスリースの楽しく簡単手作り方法

公開日: : 最終更新日:2014/10/28 お祭り, 季節, 手作り, 生活

クリスマスリース

クリスマスの飾りつけといったらツリーとリースですよね。

リースはツリーと違って場所をとりませんので

気軽に手を出しやすいといったところも利点です。

この記事ではクリスマスリースの簡単な作り方を中心に紹介していきます。

スポンサードリンク

 

手作りクリスマスリースの種類

リースと聞くとどのようなものを思い浮かべますか?

私は茶色がメインで彩られたシックなものが思い浮かびます。

手作りのクリスマスリースで主流のものは、

ダンボールなどの台紙に色を付けたマカロニを貼りつけて作ったもの、

毛糸で編んだもの、モミの木で本格的に作ったものなど様々です。

手作りでは自分が好きなように彩ったり飾ったりできるところが良いですね。

 

マカロニでのクリスマスリースの作り方

必要なものはダンボール、色々なマカロニ、ボンド、カラースプレー。

あとは必要に応じてリボン松ぼっくりなどの木の実などがあると良いです。

マカロニはサラダなどに入っている細長いものだけでなく、

リボンの形や貝の形をしたものなど自分の好みにマッチしたものを用意しましょう。

マカロニ探しだけでも楽しくなること間違いなしです!

作り方としてはまず、ダンボールをドーナッツ状に切り抜きます。

これが飾りの土台となります。

次にマカロニをボンドで貼りつけていきます。

最初はダンボールの縁から貼りつけていくと綺麗に出来ます。

このマカロニを貼るときのポイントは立体感を出すという点です。

要するにマカロニを山盛り載せるということです!

下の方のマカロニは見えなくなるので形は気にせず、

上に載るマカロニは気に入ったものを載せます。

ボンドが乾いたら次は塗装です。

スプレーの色は金色や茶色がクリスマスらしくて良いと思います。

リースの裏側から塗っていき、

表側はマカロニの穴まで塗るようにすると綺麗に仕上がります。

これで一応完成ですが、単色なので少々さびしいです。

オーナメントやリボンを取り付けて華やかさを出すと豪華なクリスマスリースに見えます。

 

安価で売られているクリスマスリースのアレンジ

100均のショップなどでもクリスマスリースは販売されています。

しかしそのままでは物足りないというもの。

そこで、安価なクリスマスリースを飾り付けしてオリジナルの

クリスマスリースを作るという手が出てきます。

モミの木の葉や松ぼっくりリボンなどでオーナメントを作り、

取り付けていきましょう。

モミの木の葉や松ぼっくりは外で拾ったりも出来ますが、

クラフトショップ雑貨屋などでも購入することが出来ます

100均ショップでも飾り単体で売られていたりもします。

また、リボンをリボンボウにして

リースにつけるだけでも簡単に飾りつけすることが出来ます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑