神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミ

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されている関西最大級のイルミネーションです。イルミネーションの数は400万球、また、開催期間も長く、毎年たくさんに人が訪れています。

スポンサードリンク

 

日程・料金は?

神戸イルミナージュは、例年11月初め~翌年2月中旬ごろです。開場は17:00~22:00、点灯時間は17:30~21:30、料金は、大人(中学生以上)1000円、子供(3歳から)500円です。イルミネーションは、クリスマスや年末年始のイメージが強いですが、神戸イルミナージュは長期間開催されていますので、ゆっくりと計画を立てていくことができますよ。

 

見どころは?

一番の見所は、有名デザイナーによる「3Dプロジェクションマッピング」です。音と光の映像美は、驚くほどの豪華さとスケールで、まるで別世界にいるような気分です。時間は、45分おきに行っていますので、時間を気にせずとも見ることができます。また、2014年に映画になった「MIRACLEデビクロくんの恋と魔法」のロケ地にもなっており、実際にロケ地になった場所も多くの人が訪れその景観を楽しんでいます。そして、神戸イルミナージュのシンボルとワンアーランドツリーは、HIKARIのトンネルや並木道へと広がっており、幻想的な気分に浸ることができますよ。

他にも「ヒカリのモンキーショー」というモンキーショーとイルミネーションを合わせたイベントも開催されています。イルミネーションだけでなく、音や映像を楽しむことが出来るエンターテイメントショーのような仕上がりになっていますので、カップルだけでなく家族で訪れても十分に楽しめます。

 

アクセスは?

電車の場合は、JR福知山線三田駅から無料バスで20分、車の場合は神戸三宮より40~50分六甲北有料道路大沢ICを降りてすぐです。無料駐車場が1500台分あります。また、無料送迎バスは、土日祝日飲みの運行ですので、平日ならば、神姫バス、神戸市バスを利用してください。

広大な面積で開催されていますので、それほど混雑することはありませんが、それでも土日祝日の無料送迎バスに乗れないことは十分に考えられますので、事前にあらかじめ、行く方法について準備したほうが良いと思います。

また、近くにはアウトレットもありますし、開催期間こそ短いものの同じ神戸に開催される「ルミナリエ神戸」もありますし、立ち寄ってみるのも楽しいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑