東京湾大華火祭の会場とスポットを知り尽くせ

公開日: : 最終更新日:2014/07/07 お出かけ, お祭り, デート, 花火大会

毎年8月の第二日曜に開催される東京湾大華火祭、今年も8月10日(日)に行われます。東京湾の晴海ふ頭から約12000発の花火が打ち上げられ、お台場周辺などの夜空を彩ります。

スポンサードリンク

会場は、収容人数が決まっている。

このメイン会場となる晴海主会場は、事前の公募に応募して入場券が当たった方だけが入れます。その他各会場も入場制限があって、順番待ちをして整理券をもらったり、個人協賛した人だけが入場出来たりと、席を確保する必要があります。晴海会場は、一番近くで花火が見れる場所ですが、他の会場は、かなり遠い場所になってしまうところもあります。実際、豊洲第一会場は、晴海から3キロ以上も離れたところにあり、眺めはだいぶ悪くなってしまいます。

 

他にも見れる場所は?

そこで、会場でない場所からでも花火を見れるスポットをいくつかご紹介したいと思います。晴海主会場にはない魅力を味わえるスポットもあります。

先ほど、晴海主会場が一番近くで花火が見られると書きましたが、もっと近くで見えるところがあります。首都高速です。首都高速からはきれいな花火を見ることができるのです。しかし、運転している人は見られませんが・・。

 

みんなで楽しめる場所は

 

レインボーブリッジの真下

知る人ぞ知る穴場中の穴場です。ブルーシートをひいて座ります。本当はレインボーブリッジで見ればよいのですが、歩行スペースは完全封鎖されます。

 

竹芝ふ頭

花火会場に近く、無料で楽しめる場所。晴海では見られない花火の発射台が見えます。

 

有明橋

花火と景色が両方楽しめます。意外と空いています。

 

有明スポーツセンターの展望台

知らない人も多い穴場です。展望台の下には無料休憩室やベンチもあり小さなお子様連れの方にはよいと思います。

 

ウエストパークブリッジ

自由の女神像の近くは、花火がとても見やすいです。

 

ホテルの花火観賞プラン

最近では、花火大会の日に合わせ、花火とディナーを合わせて楽しむプランを提供するホテルも増えてきました。
ホテルグランパシフィックでは、ホテルの29階に観覧席をもうけて、ディナーと共に堪能するイベントを毎年企画しています。

パークホテル東京では、海側上層階のお部屋から花火を楽しむプランを用意。大切な人とゆっくりと花火を味わいたい方にお勧めです。

その他のホテルでも、レインボーブリッジ側やエアポート側のツインルームを確保できれば、夜景とともに花火を見ることができます。花火会場と近いホテルをチェックしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑