スーツケースの選び方!種類やおすすめの紹介

公開日: : 最終更新日:2015/02/27 お出かけ, バッグ, 旅行

スーツケース

スーツケースを購入する前に、読んでみてください。より良い買い物ができますよ。

スポンサードリンク

 

スーツケースの種類

スーツケースは、大きく「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」に分けられます。ハードケースは外側が固いプラスチックなどで覆われており、強度、セキュリティ、防水性に優れています。一方、ソフトケースは、柔らかい布製で、モノが詰め込みやすい、安い、軽いというメリットがあります。

留め具の種類も、ファスナーとフレームに分かれます。ファスナータイプは、比較的長持ちし荷物も詰め込みやすく、荷物が増えた時に少々マチも広がります。フレームタイプは、見た目がおしゃれで、お土産にお酒や香水など中身を保護したいものを購入する方にむいています。

キャスターの種類も、引っ張りやすい2輪安定性抜群の4輪などがあります。

 

人気、定番は?

スーツケースの用途によって、使用するものも異なってきますが、最近は、ハードタイプのものがもっぱら主流になってきました。やはり、丈夫さと見た目の良さが人気です。Sサイズ(~35L)のものは、1~3泊の旅行や出張に十分使用でき、さらに旅行のみならず普段使いも可能で、活躍機会もおおいので、女性を中心に人気です。種類も色も豊富にそろっていますので、1つ持っていると重宝します。機内に持ち込めるのも安心です。

海外に新婚旅行へ行くカップルや長期間の家族旅行なんかには、LLサイズ(81L~)のものが、人気です。ショッピング旅行にも最適です。大は小を兼ねるといいますが、家族分を入れるのにちょうど良いサイズだと思います。ただかなり大きいので、女性は取り回すのに苦労するかもしれません。また、空港で荷物を預ける際の重量超過にも注意が必要です。

 

おすすめは?

おすすめのスーツケースは、日本でもやや定番になりつつあるドイツうまれの「リモアです。ハードメタリック調のおしゃれな外観です。重いですがアルミニウム製の頑丈なもの、ビックリするくらい軽いポリカーボネート製のものなど種類も豊富です。

他には、日本の鞄メーカー「ACE」。品質はお墨付きで、キャスターやロック部分だけではなく細かい部分のつくりがとてもしっかりしています。

 

価格帯は?

ほとんど使用しない方であれば、レンタルという手段もありますが、購入するとなるといくらくらいのものを買えばよいのか悩んでいる方、大手メーカーのボリュームゾーンの商品は、2~3万円といったところでしょうか。1万円以下のものは、強度の面からあまりお勧めできません。1万円~だと確かな目で選べば、良い商品が割安で買えたりします。店員さんの話をじっくり聞いて選ぶとよいでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑