サザンビーチちがさき花火大会の日程とアクセス方法

公開日: : 最終更新日:2014/07/07 お出かけ, 花火大会

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、今年も8月2日(土)の19時30分から開催されることになりました。

約3000発の花火が打ちあがります。

水中に孔雀が羽を広げたように海面を美しく彩る「水中孔雀」と連続打ち上げ花火「スターマイン」が並んで打ち上げられ、海ならではの花火が楽しめます。

また、オリジナル花火絵画コンテストの入賞作品が花火になって打ち上げられるのも話題となっていますし、自分の気持ちを花火に託してメッセージとして放送する「お祝い花火」も大好評です。

こちらは、事前申し込みが必要で1万円となっています。

スポンサードリンク

 

アクセスは?

当日の人出の予想は約7万人ほどです。

開催地のサザンビーチ茅ヶ崎までは、JR東海道本線茅ヶ崎駅から徒歩20分ですが、有料の臨時シャトルバスも運行しています。

当日は海水浴場が16時に閉鎖、駐車場が17時に入退場禁止となります。

車と自転車は入場規制があり、車での来場はできないでしょう。

会場には、自転車でおしよせる地元の方々が多いです。

この花火大会は、市民の協力も強い味方となっています。

市内300か所に花火募金の募金箱を設置、また、記念特製竹うちわを200円にて販売し、花火大会の運営費として利用するなど、茅ヶ崎市民の思い入れの強いイベントです。

大会翌日には、愛する海岸を守るための清掃活動も行われています。

この清掃活動に参加すると「ボランティア証明書」が発行されることも有名です。

 

観賞場所は?

花火の観賞は、海岸線のどこからでも無料で楽しむことができますが、有料のイス席も350席(特製竹うちわ付き)設けられています。

1席2000円で事前予約が必要です。

波の音を聞きながらの花火もまた格別です。

当日は花火大会以外にも、ステージにてライブイベントなどがおこなわれており、花火の前に飲食しながら、海の景色とともに楽しむことができます。

 

人混みを避けて観るには?

さて、この花火大会ほとんどの方は、海岸にて観賞されていますが、どうしても人混みを避けたいという方には、すこし打ち上げ会場からは離れていますが、菱沼海岸周辺辻堂公園などをおすすめします。

菱沼海岸から見える花火は、少し迫力不足ですが、砂浜から花火をみるという雰囲気を味わいたい方には、良いと思います。

辻堂公園も、花火が見えるという程度にとどまりますが、駐車場が広いので車で移動したい方におススメです。

また、サザンビーチでもヘッドランドの西側は、メイン会場に比べると若干人は少なく、かつ屋台がありお祭り気分を味わえますし、トイレもあり子供連れも安心です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑