そら豆の茹で方!水塩酒の黄金比率と保存方法の紹介

公開日: : 最終更新日:2015/03/17 食べ物 ,

そら豆

店頭にそら豆が並び出すと、いよいよ春が来たなあと実感しますよね。そんなそら豆、脇役食材が故に、下ごしらえも適当にしていませんか?ゆで方によって食感が変わりますので、美味しく食べるためにも基本のゆで方を覚えておきましょう

スポンサードリンク

 

基本の茹で方

① さやの中から豆を取り出し、豆の黒い筋の部分にナイフの手元の角で少し切り込みを入れておきます。
② 鍋にたっぷりの水と2%ほどの塩を入れて、沸騰させる。
③ 豆を入れて2分ほど茹で、ザルにあける。
④ そのままうちわなどで仰ぎ冷ます。(冷水にとって冷ましても良いが、水っぽくなることも。)
⑤ 豆に切り込みを入れた部分から皮を剥ぐ。

 

 

水塩酒の黄金比率

先ほど紹介したものが、ちょうどよい塩加減、茹で加減ですが、酒を入れるとそら豆の青臭さがなくなり、切り込み部分に味も良く染み込み絶妙の塩梅になるそうです。その比率が、水1L、塩大さじ2杯、酒100mL。ゆで方は、沸騰してそらまめを入れたら中火を保ち2分です。冷ます時も水にさらしません。

 

保存方法は?

そら豆は、時間が経過していくと黒ずんでいくので早めに加熱しなければいけません。そのままの状態で保存するならば、サヤから出さずにビニール袋やジップロックに入れて冷蔵庫に入れておきましょう。それでも1~3日も経てば黒ずんできますので、さやから出して茹でたものを保存するとよいです。茹でたものも同様にジップロックなどに入れて冷蔵保存します。1~2日ほど保存可能です。

もっと長期に保存したい時は、冷凍保存します。さやから出したそら豆の黒い部分に切り込みをいれて生のまま冷凍保存します。茹でたものも同様に冷凍ゾンできます。水気をしっかり切って、空気を抜いて保存しましょう。使用する際は、自然解凍、電子レンジまたは、再度茹でで使用します。1ヶ月程度保存可能です。

自分でそら豆を栽培している方は、乾燥させて保存することも可能です。完熟したものをサヤのまま天日干しカラカラになるまで干します。サヤからとりだして、瓶などの密閉容器に乾燥剤と一緒に常温保存するか、ジップロックに入れて冷凍保存します。数ヶ月程度保存できます。

 

そらまめの栄養価

そら豆は、大豆と同じように植物性タンパク質を豊富に含んでいます。野菜ではなく豆類に分類されますが、野菜と同じように高血圧予防に効果のあるカリウムも豊富に含んでおり、リン、マグネシウム、鉄分などのミネラルも豊富です。ビタミンB群、ビタミンCも比較的多く、美肌効果も期待できます。副菜などに上手に使用することで彩りにもよくぜひ摂りたい食材ですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

びわ湖花火大会2015
びわ湖花火大会2017!見どころと有料席や穴場スポットを紹介

毎年、湖畔の城下町を彩るびわ湖花火大会。2017年は8月8日(火)の1

足立花火大会
足立花火大会2017!見どころや穴場を紹介

足立花火大会は、荒川河川敷にて行われる花火大会です。打上数約1万200

隅田川花火大会スカイツリー
隅田川花火大会2017の会場の違いと穴場スポット

今年も隅田川花火大会が7月29日(土)午後7時5分~午後8時30分に開

PAGE TOP ↑