シミ・そばかすをなくす!予防や対策などの紹介

公開日: : 最終更新日:2015/03/20 美容

シミ

いつの間にか顔に出来てしまったシミ・そばかすを見つけた時のショック。ある程度の年齢の女性ならば経験があるのではないでしょうか?そんなシミ、そばかす対策について紹介します。

スポンサードリンク

 

シミ・そばかすをなくす

① 美白化粧品を使う

美白化粧品は、「メラニン色素の生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ」効果があります。厚生労働省が認めている主な美白成分は、トラネキサム酸、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、などです。成分を確かめてから購入するとよいでしょう。

 

② 医療機関での外用剤を使う

美白化粧品を使ったけど効果がいまひとつ、と感じた方は、クリニックで「しみを防ぐ」ではなく「しみを薄くする」効果のある外用剤を処方してもらうのもよいでしょう。ハイドロキノン、レチノイン酸などは、「お肌の漂白剤」として効果のある成分です。但し、肌が赤くなったりすることがありますので、用法用量をよく守って使用してください。

 

③ ピーリング剤を使う

ピーリングとは、古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを正常にすることです。皮膚のターンオーバーが乱れるとメラニンが肌にとどまって排出されません。市販のピーリング石鹸、ジェルなどで自宅でも気軽に行えますし、サロンなどで行うこともできます。

 

④ 医療機関で美白の内服薬をもらう

肌への直接アプローチ以外にも、体の中からアプローチする方法もあります。ビタミンC、トラネキサム酸、ビタミンE、L-システインなどの内服薬によって、早い改善が期待できます。もちろん市販の美白ビタミン剤などでもよいでしょう。

 

⑤ 美容クリニックでのシミ治療

それでも改善が見られない場合は、レーザー治療や医療用パルスライトでシミ治療をするのもひとつの手段です。シミの部分に照射すると、光にメラニン色素に吸着されて、メラニン色素を破壊します。その部分はかさぶたになりますが、1週間ほどで剥がれ落ちます。その後は美白用の外用剤を塗り、シミの再発を予防します。

 

目立たなくするには?

一時的に隠したい方は、メイク前にコンシーラーなどを塗ると目立たないようになりますが、カバー力の強いものを塗ることで肌に負担がかかり、逆にシミ・そばかすができるのを助長しているとも言えます。長い目で美白していきましょう。

 

増やさないためには?

しみ・そばかす出来たらなかなか消えないもの。できるだけ防ぎたいですよね。その為には、年間を通した紫外線対策お肌のケアだけでなく、規則正しい生活習慣と食生活など、シミ・そばかすケア以外でも基本となる生活を心がけましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

びわ湖花火大会2015
びわ湖花火大会2017!見どころと有料席や穴場スポットを紹介

毎年、湖畔の城下町を彩るびわ湖花火大会。2017年は8月8日(火)の1

足立花火大会
足立花火大会2017!見どころや穴場を紹介

足立花火大会は、荒川河川敷にて行われる花火大会です。打上数約1万200

隅田川花火大会スカイツリー
隅田川花火大会2017の会場の違いと穴場スポット

今年も隅田川花火大会が7月29日(土)午後7時5分~午後8時30分に開

PAGE TOP ↑