さくらんぼ狩りに行こう!山形県の有名スポットや注意点について

公開日: : 最終更新日:2015/02/24 お出かけ, 季節, 食べ物 ,

さくらんぼ

初夏の訪れとともに可愛らいいルビー色の実を付けるさくらんぼ。さくらんぼの国内生産量の7割を占めるのが山形県なんだそうです。そんな山形県では、さくらんぼ狩り体験も盛んにおこなわれています。山形県の有名なさくらんぼ狩りスポットやツアーなどを紹介します。

スポンサードリンク

 

山形県の有名なさくらんぼ狩りスポット

山形チェリーランド 上山フルーツ園

山形県上山市にある丘の上の広大なフルーツ園です。さくらんぼ狩りの時期は、例年6月~7月くらいです。ここは、予約不要で、7:30~17:00までと朝早くからさくらんぼ狩りを楽しむことができます。朝摘みとれたてのさくらんぼはより一層フレッシュですよ。雨天でも雨よけビニールがありますので、天候を気にする必用もありません。コースによって料金は違いますが、大人1600~2500円ほどで楽しめます。当園で開発された珍しい種類のさくらんぼも食べることができます。

 

王将果樹園

天童市にある果樹園です。冬のあいだ温室で大切に育てたさくらんぼを5月という早い時期から摘んで食べることができます。温室なので天気の心配もありません。もちろん路地でのさくらんぼ狩りも6月中旬頃よりできます。ネット限定プランもありますので、要チェックです。ジェラート引換券と天童温泉入浴券付きプランがおすすめですよ。

 

バスツアーもプラン豊富

初夏の時期になると、旅行会社の「さくらんぼ狩りツアー」もたくさん企画されます。さくらんぼ狩り+αで楽しめ、もちろんさくらんぼのお土産付きがほとんどです。山形県に行くならば、喜多方ラーメンを食べたり、裏磐梯や会津の鶴ヶ城を観光、蔵王温泉の入浴などとセットになったプランが多いです。ぜひご検討下さい。日帰り圏内ではありますが、宿泊プランでは、糖度が高く身の引き締まった朝どれのさくらんぼを食べる「早朝さくらんぼ朝摘み体験」などがセットになったものもありますよ。

特に平日などには激安のプランなども見受けられますので、安く楽しみたい方は探してみてください。

 

価格は?注意することは?

持ち帰りの量や、摘む時間により違いはありますが、30分食べ放題で1500円~でしょうか?高級な佐藤錦などの食べ放題プランになると価格はあがりますし、時間延長プランなども少し高めになります。

しかしお子さんなどは、30分で十分ではないでしょうか?

また、さくらんぼ狩りをする際の注意事項としては、できればフラットなシューズで、多少汚れてもよい服装でお越し下さい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑