ローストチキンのレシピと丸鶏の購入方法

公開日: : 最終更新日:2014/10/24 季節, 手作り, 生活, 食べ物 , ,

ローストチキン

クリスマスに向けて、ぜひとも自分で作ってみたいのがローストチキンです。

でも鶏一羽を一体どうやって料理するのか疑問に思っている方は多いはずです。

そこで、ローストチキンの作り方について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

チキンはどこで手に入れる?

ローストチキンの丸鶏はどこで手に入るのでしょうか?

スーパーではまず見かけません。

しかし、鶏肉は丸鶏をさばいて売っているわけなので、

スーパーに声をかけておけば、用意してくれます

お肉屋さんなどでも同様に準備してくれるでしょう

デパートなどではクリスマスシーズンになると販売しているところもありますし、

ネットでのお取り寄せもできます。

 

ローストチキンのレシピ

準備した丸鶏をしっかりと洗い、塩コショウ、酒、オリーブオイル、

醤油などを混ぜた液に30分ほど漬け込み、

200度のオーブンで25~30分ほど焼けば出来上がりです。

漬け込む液のレシピを変えたり、

丸鶏のなかにもスパイスや具を入れたりして、違う味を楽しむことができます。

塩こうじに漬け込むとお肉が柔らかくなりますし、

コンソメやナツメグなどをいれると、風味ある味になります。

丸鶏を調理する自信がない

しかし、丸鶏を調理するというのは自信がないという方、

手羽元で簡単ローストチキンを作ってみましょう。

手羽元に塩コショウをふり、手羽元10本に対し、

醤油大さじ3、はちみつ大さじ3、酒大さじ1.5を漬け込みます。

ビニール袋等にいれ空気を抜いて30分以上寝かせましょう。

これをタレごと200度のオーブンで30分焼きます。

途中にタレをハケで何度も肉に塗ってあげると美味しそうなテリとツヤが出ます。

リーズナブルな手羽元でも本格的なオードブルになりますし、

なんといっても食べやすいです。

 

人気のローストチキンレシピ

もう一つ人気レシピを紹介します。

骨付き鶏もも肉3本を醤油100cc、砂糖大さじ5、酒50cc、ナンプラー、

にんにく、生姜、コショウ少々を混ぜ合わせた液にまる2日間漬け込みます。

これを190℃のオーブンで35分ほど焼けば出来上がりです。

肉の下に、じゃがいもなどを敷いておけば、

タレが絡んで美味しいポテトも出来上がりますよ。

 

ローストチキンの栄養価

ローストチキンは、高タンパクの鶏肉を使用しており、

しかもオーブンで焼くときに余分な油が落ちるので、とてもヘルシーです。

コラーゲンを豊富に含んでいるので美容にもよいです。

付け合せに野菜などをとることで、

主食の量も抑えられる一品ではないでしょうか?

ガッツリメニューに見えますが、女性の方にはオススメですよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑