暑い夏!冷製パスタをおいしく簡単に

公開日: : 最終更新日:2016/07/11 季節, 食べ物

毎年異常気象と言われているような昨今。

涼しくなるような食事を摂りたいという人も多いはず。

そんなときは冷製パスタなどいかがでしょうか。

色々なレパートリーを揃えて、夏はおいしく簡単に乗り越えましょう。

スポンサードリンク

冷製パスタの基本的な作り方

冷製パスタは通常のスパゲッティと同じように茹でます。

しかし、茹でた後に冷やすという工程があるので

普通のものよりも1,2分ほど長めに茹でるようにしましょう。

芯が残っていると違和感のある食感となってしまいますので、

芯がなくなる茹で時間と考えればよいです。

その後、水分をなくすために清潔なふきんでしっかりと水切りをしましょう。

そうしたらあとはソースと和えるだけです。

 

おすすめのメニュー

温かいものと冷たいものではマッチする味や食感が違ってきます。

冷えたシチューはあまり食べたいものではありません。

なぜでしょうか?

そもそも、冷えたものとして作られているわけではないので、

表面に膜が出来たり、上あごにざらざらする何かがついたりもします。

 

適切なソースを紹介

一つ目:トマトとバジルの冷製パスタ

冷製パスタと言われて脳裏に浮かぶのはトマトの入ったものではないでしょうか。

トマトとバジルの葉アボガドなどを用いて風味付けや味付けを行います。

二つ目:カルボナーラの冷製パスタ

カルボナーラというと温かいパスタをイメージしがちですが、

冷製パスタでもおいしく食べられます。

ハムレタスを入れ、粉チーズ豆乳で味付けをします。

三つ目:梅と大葉の冷製パスタ

冷たくて酸っぱいものはとても魅力的に見えます。

大葉を具材として、めんつゆなどで味付けをします。

紹介したものはごくごく一部ですので、

ご自分で冷製パスタの開拓をぜひしてみてください!

時間がない!そんな時はレトルトの冷製パスタ

「仕事が忙しくて・・・」、「学業が忙しくて・・・」など

料理に時間を割くことが難しい方への朗報です!

冷製パスタにも様々な種類のソースが販売されています。

値段も安価でとても利用しやすいものです。

ヱスビーフーズやカゴメ、ピエトロ、日清製粉などから

レトルトのソースが発売されています。

温かいパスタの場合はパスタの準備とレトルトのソースの温めの手間がありますが、

冷製パスタならなんと!パスタを茹でるだけというなんとも嬉しい手軽さです。

料理を作るのが面倒というときに備えて

冷製パスタのソースの購入も検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑