アウトドアコートのおすすめやお手入れ方法の紹介

公開日: : 最終更新日:2015/02/21 アウトドア, ファッション, 季節 , , ,

冬のアウトドアには欠かせないアウトドア用コート。おすすめなどを紹介します。

スポンサードリンク

 

アウトドアコート

アウトドアコートとは、その名前に通り、アウトドアに着るコート。もちろん都会的なブレザーやジャケットなどもそうかもしれませんが、どちらかといえば、ベンチコートや、マウンテンパーカ、ダウンコートなどが、アウトドアコートとしてふさわしいでしょう。防水、防寒対策がしっかりとしており生地もしっかりとしています

 

おすすめは?

アウトドアブランドの代表、エーグルとアウトドアのコートは、やはりおすすめです。エーグルは、フランスのブランドなので、フランスらしい上品さとおしゃれな色使いが特徴です。とくにマウンテンパーカ類は充実しています。防寒性もとても高く、屋外でのデートなどに向いています。アウトドア(ブランド名)は、ダウンジャケットがカラフルな色使いでおしゃれですが、レインコートなども子供用から充実しており、膝丈までの長さもあるので、冬のアウトドアイベントにも適しています。他には、モンベルやフリーマンのものもおしゃれでおすすめです。

防寒対策のみがメインであるならば、スポーツブランドのベンチコートがよいのではないでしょうか?もともとスポーツ選手がウォーミングアップするときに着るために作られていますので、生地や裏地もしっかりしていますし、長さもありますので、暖かいですよ。

 

価格は?

レインコートならば2000円ほどから購入可能ですが、ブランドのダウンコートなどになると3~4万円ほどするものもあります。用途に合わせて、消耗品として使用するアウトドアコートならば安いもの、きちんと使いたいときは、それ相当のもの、と区別して購入するとよいと思います。

 

お手入れ方法は?

これもそれぞれのコートによって違いますが、どのコートも最初に防水スプレーをしておくと、その後のお手入れが楽になると思います。ダウンコートはダウンが汗を吸っていますので、そのままクローセットにしまわずに、風通しの良いところに吊るしておくとカビが生えるのを防ぎます。またダウンの縫い目に埃がたまりますので、ブラッシングしてあげると汚れが目立ちにくくなります。

ベンチコートなどは、洗濯OKの表示がしてあれば、そのまま洗濯できます。ただしこれもしっかりと乾かすことが大切です。着るたびに、埃を払い、首周りや袖口の汚れは、濡れタオルで拭くと汚れの付着を防ぐことができます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑