おせち料理の雑学。由来や各食材の意味について

公開日: : 最終更新日:2014/11/24 健康, 基本・マナー・ルール, 季節, 手作り, 生活, 食べ物 ,

おせち料理

お正月にかかせないおせち料理。

けれどもおせち料理の由来ってなんでしょう?

おせちにまつわる小ネタであなたも雑学王になりましょう。

スポンサードリンク

 

そもそもおせち料理とは?

おせち料理は、漢字で「御節料理」と書き、

元々は季節の節目(節句)に作られる料理のことをさします。

しかし、現在では節句の1番目にあたるお正月に食べる料理のことを

「おせち料理」というのが一般的となりました。

 

おせち料理の由来

もともとは、「御節」と書き、五節供の料理です。

五節供とは、現在でいう、1月1日「元旦」、

3月3日「ひな祭り」、5月5日「端午の節句」、7月7日「七夕」、

9月9日「重陽(ちょうよう)」の5つの節供のことです。

五節供の料理とは、平安時代からおこなわれていた朝廷の

「節日」におこなわれる行事「節会(せちえ)」で、

神様にお供えしたり、食べたりした料理で、

そのご馳走を「おせちく」といい、後に「おせち」となり、

江戸時代に今の正月料理を指すようになったと言われています。

 

各食材の意味

おせちに採用されている各食材は、

縁起の良いものであると言われています。

どんな意味が込められているのでしょうか?

海老・・腰が曲がるまで丈夫にという長寿の意味が込められています。また、赤色は魔除けの色であるとも言われたり、朱色の晴れやかないろでもあります。

鯛・・これは、祝い事の定番「めでたい」に通じます。

鰤の焼き物・・鰤は出世魚であることから、出世を祈願して。

昆布・・「よろこぶ」の語呂合わせです。

トコブシ・・別名「フクダメ」といい縁起の良い食べ物と言われています。節句の神餌のひとつです。

紅白かまぼこ・・紅は魔除け、白は清浄の意。また半円形が日の出に似ており、新しい門出のふさわしいとされています。

伊達巻き・・伊達は、派手の意を持ち、見た目の豪華であるということ。また、巻物は、書物に似ていることから、学問や習い事の成就を願っています。

栗きんとん・・きんとんは、「金団」と書き、その色から黄金に見立てて財宝を現し、富を得る縁起物とされています。かちぐり・・勝つの意で縁起が良いと言われています。

里芋・・里芋は子芋がたくさんつくことから、子宝に恵まれるよう願っています。

蓮根・・孔があいていることから、先見性のある一年を願っています。

黒豆・・まめに暮らせるように。

おせちの献立

おせちには日持ちするモノが多いですが、

それは、

「神様をお迎えする正月は、慌ただしく台所に入って物音を立てたり煮炊きや水仕事はしない。」

といういわれからきているそうです。

特に「火の神である荒神を怒らせないために、正月は火を使わない。」と言われています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑