おせち料理の簡単レシピを紹介

公開日: : 最終更新日:2014/11/06 季節, 手作り, 生活, 食べ物 , ,

おせち2

おせちを作ってみたいけど、

何を作ろうかと悩んでいる方へ、

おせち料理の人気レシピや、

簡単にできるものを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

《筑前煮》

簡単にできお重も埋まるのが煮物ではないでしょうか。

お正月の常備菜としてたくさん作りましょう。

①鶏もも肉を一口大に切り、酒、醤油、みりんで下味を付ける。

②レンコン、里芋、こんにゃく、人参、ごぼう、しいたけ、たけのこの水煮、絹さやなどを適当な大きさに切る。ここで、レンコンや人参は花形にすると正月らしくなります。

③だし汁3カップに、酒、醤油、みりん、砂糖各大さじ2、塩少々で煮る。絹さやだけは色が変わるのでさっと茹でたものを盛りつけの時に飾る。

 

《なます》

これも、家にある食材だけですぐにできます。

①大根、人参を細切りにする。

②塩を振って揉み込み水分を出す。

③水分が出たら別の容器へうつし、3倍酢で和える。ひと晩置くと味が良く馴染みます。紅白なのでおめでたく見えるのもポイントです。

これ以外にも正月らしい品も作りましょう。

 

《黒豆煮》

炊飯器で手軽に作ることができます。

①黒豆200gをたっぷりの水に2時間以上つけておく。

②水を切った黒豆と砂糖150g、みりん・酒各大さじ3、醤油大さじ1、だし汁2合分を入れ、炊飯器のスイッチオン。

③硬いようなら再び炊飯する。煮汁が足りないようなら水を足す。まだ硬いようなら保温で様子を見てください。

 

《栗きんとん》

これも手早くつくっちゃいましょう。

①ゆでたさつまいもを裏ごしする。

②裏ごししたものに、砂糖お好みの量と栗の甘露煮の汁を火にかける。

③ぽってりしたら栗の甘露煮をいれさっと混ぜて出来上がり。意外と簡単にできますよ。

 

《田作り》

魚嫌いの子供でもパクパクいけちゃいますよ。

①食べる煮干をフライパンで炒る。

②めんつゆ、砂糖、みりんをお好みでいれ絡めたら出来上がり。

 

《だし巻き卵》

レンジで失敗知らずの卵です。

①卵4個、はんぺん1枚、砂糖50g、塩少々、酒大さじ2をミキサーにかける。

②18×18cmのケーキ型にオーブンシートをしき、卵液を流し入れる。

③160度で25分焼く。

④巻きすの上にひっくり返してまく。はんぺんでなめらかなだし巻き卵です。

 

以上、家でも出来る人気レシピを紹介しましたが、

これらの定番もすこしアレンジすると飽きがなく食べることができます。

例えば、ナマスにごま油と刻み海苔をかければナムル風のおつまみになりますし、

黒豆をつぶせば黒豆あんになり、

パンにはさんでも美味しいです。

筑前煮も細かく刻み酢飯にまぜれば、

ちらし寿司になりますよ。

お正月太りをふせごう

これらのおせち料理、レシピをみるとよくわかりますが、

どれも砂糖がたっぷり使われています。

などとあわせて食べれば炭水化物の摂り過ぎになりますので、

注意して食べてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑