お年賀のマナー!時期や喪中の時はどうする?

公開日: : 最終更新日:2014/12/09 お出かけ, 基本・マナー・ルール, 季節, 生活 ,

お年賀

お正月には、古くから、
新しい年の神様をお迎えして祀る習慣があります。

そして、お正月の年始挨拶に訪問する際には

「御年魂(御年玉)」と称して、

神様を祭る神棚や仏壇へのお供え物を互いに持参した習わしがあります。

スポンサードリンク

それがいつしか手土産を持参する習慣に変わり、

子供たちへは「御年玉」、
大人へは「御年賀」という形で表書きがそえられるようになったのが、

お年賀の起源です。

ここでは、お年賀のマナーについて紹介したいと思います。

 

お年賀を贈る時期は?

正式には、
正月三が日の間に年始挨拶の手土産として直接持参するのが礼儀ですが、
都合が付かなくても松の内の間(地方によって異なる)までには、
訪問するのが習わしです。

それを過ぎてしまった場合は「寒中見舞い」として贈りましょう。

 

贈り方のマナーは?

お年賀の贈り物にかける「のし紙」は、
紅白の5本または7本の花結びに熨斗がついたデザインです。

表書きは、濃い墨を用いて楷書体で書きます。

上に「御年賀」下には、
それよりもやや小さめの文字でフルネームを書きましょう。

実家などの身内の場合、

「かしこまったことを嫌うので・・」
「身内だし・・」

という理由で、
のしをつけない家庭も多いと思いますが、
新年の挨拶ですし、あらたまった気持ちでのしをつけましょう

 

喪中の時は?

喪中の時は、
先方に事情を話し挨拶を欠礼させてもらっても、
失礼にはあたらないとされています。

訪問したい場合は、
松の内を外して
「寒中見舞い」として法網しましょう。

その場合も事前に先方にお断りを入れておきます。

 

何を贈る?

何を贈ったらよいかについては、難しいですが、
相手の家族構成好みなどを考えて選びましょう。

お正月に食べるお菓子ハムなどが定番です。

しかし、同じものになりがちですよね。

同じものにならないように、
毎年贈ったものを記録しておくと、
次の年にまた迷う時間を少し省くことができます。

 

おすすめお年賀ギフトを少し紹介します

・干支いりのお菓子、お茶

新しい年の干支が入ったお菓子などは、
お歳暮に貰うお菓子とは別に正月気分を盛り上げてくれますので、
貰った側も喜んでくれると思います。

例えば、とらやでは、毎年干支いりの羊羹を扱っており、
ネットでも取り寄せられますので人気がありますよ。

 

・加賀の「不室屋」のお正月らしいお吸い物やお味噌汁のセット。

見た目も上品で可愛らしく、
しかも手軽に味わうことが出来るのが好評です。

お歳暮とは、趣向を変えて、お正月らしいものを選びたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑