お盆のお供え!しきたりやマナーの紹介

公開日: : 基本・マナー・ルール

お供え

知っているようで、意外と知らないお盆のお供えについてのしきたり、マナーの紹介します。

スポンサードリンク

 

お供えする期間は?

一般的なお盆は、8月13日~16日の4日間になります。13日の午前中にご先祖様をお墓まで迎えに行き、16日の午後にお墓に送っていく送り盆となりますので、この日までがお供え期間となります。しかし、地域によってお盆を1ヶ月先の7月にしているところもありますので、その地域にあった期間でお供えしましょう。ご先祖様が、家に帰ってきているので、もちろんお供えは、家の仏壇に飾ります。お墓にだけお供えするのは本来のお盆の意味から外れています。

 

何をお供えするの?

お供え物の基本は、一般的に五供(ゴク)と言われています。

① 香(コウ)

ご先祖様に香りを感じてもらい、心身ともに洗浄します。法事の時は抹香を使いますが、普段は長めの線香でよいでしょう。

 

② 花

仏様の世界をさらに高めます。故人の好きだった花でも良いですし、庭や野に咲いている花ならば故人が喜んでもらえるようなものにしましょう。仏花でもよいです。蓮の花は、蓮の花びらを船にしてご先祖様が帰ってくると言われています。

 

③ 水

清浄な水をお供えすることによって、お参りする人の心を洗うという意味があります。水道水でOKですが、毎日取り替えましょう。(浄土真宗では備えません。)

 

④ 明かり

お参りするときは必ずロウソクをつけます。線香をつける役割もありますが、明かりは、ご先祖様の居場所を明るく照らしてくれ、ロウソクが燃え尽きている様子が人生の無常を表していると言われています。

 

⑤ 食べ物

家族が食べているものと同じものを出します。同じものを食べることでご先祖様とのつながりを確認します。この時注意することは、果物などもまるごとではなく、すぐ食べられるよう皮なども剥いておくこと、そうめんなども乾麺のままお供えせず、茹でたものをお供えすること、お菓子なども箱のままではなく、小袋にとって食べられるようにしておくこと、必ず食べられる状態でお供えすることです

また、腐りやすいものもありますので、長時間出しっぱなしにせず、腐りやすいものは、1時間ほどでこまめに取り替えましょう。お供えの食べ物でも果物は、スイカやメロンなどの丸い果物がよいとされ、お菓子は、お団子はご先祖様が帰るときのお土産にするのによいとされています。丸い果物を飾るときは、切らずにそのままお供えします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

びわ湖花火大会2015
びわ湖花火大会2017!見どころと有料席や穴場スポットを紹介

毎年、湖畔の城下町を彩るびわ湖花火大会。2017年は8月8日(火)の1

足立花火大会
足立花火大会2017!見どころや穴場を紹介

足立花火大会は、荒川河川敷にて行われる花火大会です。打上数約1万200

隅田川花火大会スカイツリー
隅田川花火大会2017の会場の違いと穴場スポット

今年も隅田川花火大会が7月29日(土)午後7時5分~午後8時30分に開

PAGE TOP ↑