夏バテの症状と予防策

公開日: : 最終更新日:2014/07/18 健康, 季節, 生活

夏は、疲れがたまりやすい季節です。

どんなに暑くても、人には体温を一定に保とうとする機能があります。

高温、多湿の環境下で、体温を一定に保とうとする行為は、

たくさんのエネルギーを必要とするのです。

この状態が続くと、体温を保つ機能が働かなくなり、夏バテが起こります。

体内の水分・ミネラル不足、暑さからくる食欲不振で栄養不足、

暑さとエアコンの冷えの繰り返しによる自律神経の乱れなどがある方に、起こりやすいです。

スポンサードリンク

 

症状と予防策

症状としては、全身の倦怠感イライラするむくみ体がだるい

熱っぽい食欲不振無気力になる立ちくらみ下痢便秘などがあげられます。

 

夏バテしないようにするために、以下のことを心がけましょう

しっかり食べる

夏はたくさん汗をかきます。

その汗からビタミンやミネラルが体から多く失われます。

しっかりと食べて栄養補給しましょう。

 

水分補給する

たくさんの汗で多くの水分が失われます。

意識的に水分補給を心がけましょう。

しかし、冷たいジュースやビールは、

逆に胃腸の働きを弱め夏バテを長引かせます。

一番良いのは、温かい飲み物を少しずつ飲むこと

冷たいものでも口の中に入れ少し温めてから飲むとずいぶん違います。

汗で塩分も失われますので、イオン飲料も効果的です。

 

冷房対策をする

暑い外と冷房の効いた部屋への繰り返しの出入りは、

自律神経の低下をきたし、めまいなどにつながります。

なるべく温度差が5度以内になるように室温を調節しましょう。

無理ならば着るもので工夫しましょう。

 

しっかりと寝る

熱帯夜の睡眠不足は、体力を消耗し、夏バテを促進します。

空調の工夫(クーラーのタイマー使用、

風向きは風邪が直接当たらないように上向きにする、

寝る前の軽い運動、入浴など)をし、

ぐっすり眠れるような環境にしましょう。

 

夏バテ解消レシピ

先ほども夏バテ解消に、しっかり食べることと書きました。

特にビタミンB1B2ナイアシンクエン酸が必要と言われています。

マルチビタミンローヤルゼリー黒酢もろみ酢などのサプリメントがおすすめです。

しかし、食事をしっかりととり、必要成分を補うのが、夏バテ解消の近道でしょう。

 

おすすめのレシピを紹介します。

暑くて食欲がわかないときの強い味方、「」。

そうめんや冷麦などならツルツルっとのどに入っていくでしょう。

その麺に、ミネラルたっぷりの具を合わせましょう。

ビタミンB1が豊富な豚肉を竜田揚げにして、クエン酸たっぷりのレモンをしぼり、

野菜などと一緒に添えていただくと1品だけで、理想的な栄養素が摂れます。

同じように、納豆オクラ梅干し大根おろしをあえて食べてもよいでしょう。

これなら麺をゆでる以外は、火を使わず調子出来ますし、簡単です。

ぜひ、お試しください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑