簡単自分で夏ネイル!手元・足元を彩る!

夏は暑いもの。

暑いと油断しておしゃれも手抜きになりがち・・・。

そんな暑い夏でもやる気が起こるような、

簡単な夏ネイルの方法を紹介させていただきます。

手軽に、綺麗に、簡単に、今年のネイルは1ランクアップ!

スポンサードリンク

夏ネイルのポイント

夏ネイルはまず手元足元のネイルを行えるという点です。

冬などでは足元はブーツなどで隠れてしまうためネイルの意味をなしませんが、

夏はサンダルなどで足元があらわになる場面が頻繁にあります。

ということは、手元・足元の2か所をネイルしなくてはなりません。

色の流行は年によりさまざまですが、夏をイメージしやすいものに注目が集まります。

 

夏ネイルおすすめのデザイン

おすすめはビビットカラーパステルカラー単色を使い、模様を描く方法です。

夏ですので海をイメージさせるような模様や、

可愛らしさを前面に出すためのワンポイントもおすすめです。

単色をメインとする場合、ネイルにかける時間の短縮になりますので、

是非とも活用してみてください。

単色だけではさびしいと感じる方は、

その上をホログラムラメなどで軽く飾るだけで綺麗に見せることが出来ます。

 

綺麗・長持ちセルフネイル方法

まずはネイルをする爪の油分などをエタノールでしっかりとふき取りましょう。

この操作によりネイルが落ちにくくなり、しっかりとしたものになります。

その後、ベースコート爪のエッジまでしっかりと塗布します。

塗りもらしがないように行いましょう。

ベースコートが塗り終わったら次はネイルカラーを塗ります。

順番は爪のエッジ中央両サイドです。

ネイルカラーがはみ出したりしてしまった場合

コットンスティックリムーバーを染み込ませてふき取りましょう。

最後はトップコートです。

こちらも爪のエッジに塗ることを忘れないようにしましょう。

足の爪のネイル(ペディキュア)をする場合はトウセパレーターを使うと便利です。

これにより両手を使えるようになり、ネイルの丁寧さが増します。

 

最後に

夏ネイルと言っても表現の仕方はさまざまです。

花火ヒマワリなどのなどなど、

人によって「夏といえば?」の回答は変わってきます。

ネイルにより自分の夏を表現し、

自分のお気に入りの夏ネイルを作り出してみてはいかがでしょうか?

最近では100円均一のお店でもホロなどより取り見取りです。

お手頃なアイテムでも使い方一つで魅力的なアイテムに変わっていくと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑