ムートンコートのお手入れ方法!防水スプレーなどで高いクリーニングの回数を減らしましょう

公開日: : 最終更新日:2017/12/07 お出かけ, ファッション, 季節, 生活, 節約

スポンサードリンク

冬のおしゃれアイテム、ムートンコート。

カジュアルなアウターでコーディネイトのポイントとして着ることができ、

しかも暖かさの点からしても抜群ですので、持っている人は多いでしょう。

ところが、高価なアイテムですので何年も着用する予定で購入しても、

ワンシーズンでシミを作ってしまう方が多いようです。

そして、このムートンコート、クリーニングに出すと10000円はくだらないです。

家で洗おうと思ってもこのムートン、毛皮なのかレザーなのか?

なんとかホームケアできないものでしょうか?

 

日常のお手入れ方法

キレイに保つためには、まず毎日のケアが必要です。

最初にムートンの象徴でもある裏地のもこもこの羊毛部分。

通常の防水スプレーをかけると毛がクタっとしてしまいます。

ファー専用の防水・汚れ防止のスプレーをかけましょう。

保管の前にスプレーすることで湿気防止にもつながります。

その後ブラッシングをしてあげましょう。

ムートン専用のブラシなどもあります。

こうすることで毛並みのツヤやしなやかさを保つことができます。

そして着用したあとは、風通しのよい場所で陰干しをしましょう。

付着した汗などが黄ばみの原因となります。

たまには、除菌消臭用のスプレーをかけましょう。

スエードの起毛させたふかふかのムートン部分は、

ホコリや汚れがつきやすいのが難点ですが、

こまめにお手入れしてあげると高級感を持続させることができます。

天然生ゴムのブラシでブラッシングし、防水保護スプレーをかけます。

スプレーをかけ湿っている間にブラッシングすると汚れ落としになりますし、

スプレーが浸透するのを待ってからブラッシングすれば、

起毛にスプレーの栄養を行き渡らせることができます。

もし雨などに濡れてしまったらタオルで軽く叩いて乾かし陰干ししてください。

ドライヤーの熱などは、質感の劣化の原因になります。

 

収納・保管方法

収納・保管は、お手入れしたあと、必ず日陰で自然乾燥させてからです。

ハンガーにかけて通気性のよいところに収納します。

最近は衣類の匂いをとる脱臭ハンガーなども売られており、

それを使用するのもよいでしょう。

そして、コート用の不織布の収納カバーをかけてください。

ビニール製ののカバーなどは湿気が外へ逃げられず、カビの原因となります。

またチャックのついたカバーはムートンの毛を巻き込んでしまう可能性があるので

ファスナーガードのついた収納カバーなんかもあります。

日常的な手入れで、クリーリングは数年に1回でも十分になりますよ。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑