もうすぐ山開き!富士山へ登ってみよう

公開日: : 最終更新日:2014/07/07 アウトドア ,

もうすぐ夏です。

あちらこちらで山開きが行われます。

日本一高い山富士山の山開きは毎年7月1日から8月末までの2か月間でしたが、2014年から変更となります。

上るルートが山梨県側か静岡県側で、山開きの日と登山期間が異なります。

もちろん山小屋もこれに合わせる形となります。

山梨県側7/1~9/14、静岡県側7/10~9/10です。

スポンサードリンク

登山お勧めの時期

しかし、山開きしたばかり日に登ろうとしても、登山道にはまだ雪が残っています。

これまでも登山道に残った雪をブルドーザーでかき分けて、山開きに合わせており、そういう実情から山開きの日が遅くなったのです。

登山のベストシーズンは、梅雨明けから9月上旬です。

梅雨の時期は天候も不安定ですし、初心者には雨降りの登山は難しいです。

また、雨の可能性に備え、荷物もおおくなりがちにです。

私は、梅雨が明けたばかりの海の日の連休を利用し登りましたが、立派なご来光も拝むことが出来ましたし、天候もくずれることなく、下山できました。

しいて言えば、このシーズンは登山客でにぎわいます。

私も連休を利用して登りましたが、長蛇の列に連なって登ったので、時間的に余裕のある方は平日の登山をお勧めします。

また、山小屋も込み合いますので、早めに予約を入れるとよいでしょう。

旅行会社でのツアーなどでも申し込めます。

 

装備や服装・持ち物

出発前に必ず装備の点検をして、登山中に壊れることがないようにしましょう。

 

登山靴、トレッキングシューズ

靴底の厚いものを選びましょう。

そして登山中に砂利が入ってくるので、ハイカットタイプのものがよいです。

富士山は火山砂利のため、靴底の薄いものでは穴が開きます。

 

雨具

3000mを超える富士山では、天気が急変しやすく、風邪が非常に強いです。

傘やポンチョは役に立ちません。セパレートタイプの汗でぬれにくい防水透湿タイプのものが望まれます。

 

防寒着

登りはじめの地点ではとても暑いと思っても、山頂に近づくにつれ寒くなります。

五合目と山頂の気温差は9~13度もあります。

フリース、セーター、防寒用帽子、手袋などが必要です。

 

肌着

汗をかくので、速乾性のものを用意します。

ジーンズは乾きにくいためNGです。

濡れたままの恰好をしていると体温が奪われる原因にもなります。

 

帽子

標高が高いため、とても日差しが強いです。

日よけの帽子が必要です。日焼け止めも必需品となります。

 

ヘッドランプ

夜間に行動する予定がなくても、急な変更もあるので必要です。

懐中電灯は、岩などを登る時に両手が不自由になりますので避けてください。

 

水分補給に必要不可欠です。

富士山に水道はありません。

山小屋でも販売していますが、値段が高いです。

最低でも500mLペットボトル3本は必要です。

 

カロリー補給用のお菓子

手軽に食べられる行動食があると疲れも癒されます。

また汗をかくので、塩分が高いものもお勧めです。

 

その他

ゴミ袋、小銭、地図なども必要です。

山小屋のトイレは使用時100円のチップとして入れます。

トイレットペーパーもないので、ロールの小さくなったものを持っていくと便利です。

ウエットティッシュなどもあると便利です。

これは、必要不可欠かどうかはわかりませんが、五合目に売られていた金剛杖。

杖として使用しながら登れますし、各合目につくと焼印を押してくれますので、達成感を味わえますし、やる気にもつながります。

私は、富士登山の一番の思い出の品になっています。

登山の注意

登山中は、こまめに休憩し水分補給しましょう。

休憩は、登山道の途中広いスペースでも出来ますし、各山小屋でもできます。

また食事も山小屋で軽食を購入することもできます。

快適な登山のためには、ゆとりを持った行動計画を立てましょう。 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

びわ湖花火大会2015
びわ湖花火大会2017!見どころと有料席や穴場スポットを紹介

毎年、湖畔の城下町を彩るびわ湖花火大会。2017年は8月8日(火)の1

足立花火大会
足立花火大会2017!見どころや穴場を紹介

足立花火大会は、荒川河川敷にて行われる花火大会です。打上数約1万200

隅田川花火大会スカイツリー
隅田川花火大会2017の会場の違いと穴場スポット

今年も隅田川花火大会が7月29日(土)午後7時5分~午後8時30分に開

PAGE TOP ↑