注意点をよく読んで目黒さんま祭りに行こう!

公開日: : 最終更新日:2014/07/30 お出かけ, お祭り, 季節, 食べ物 ,

 

「目黒さんま祭り」というイベントをご存知ですか?

高層ビルの立ち並ぶ目黒でそんなイベント?とお思いかもしれませんが、

このイベントは、JR地下鉄目黒駅前の品川区

「目黒駅前商店街振興組合青年部(通称め組)」の主催でおこなわれている、

昔ながらの温かな商店街をめざすイベントなのです。

平成8年からはじまり、今年で19回目。

9月7日(日)に行われます。

スポンサードリンク

「目黒のさんま」

まつりのきっかけとなったのが「目黒のさんま」という落語。

ある大名が、馬の早駆けに目黒へ行ったときのこと、

お腹がすき、百姓の家でさんまを分けてもらった。

屋敷へ帰っても脂ののったさんまの味が忘れられない。

しかし、さんまは庶民の魚、屋敷の御膳に出るわけもない。

そこで、親戚の家に食事に行ったときにさんまを注文。

しかし、大名の体を気遣い、さんまの脂を抜いてしまった。

まったくおいしくない。

「この魚はどこから取り寄せた?」「日本橋魚河岸でございます。」

「それはいかん、さんまは目黒に限る!」

この「さんまは目黒に限る!」をキャッチコピーに商店街の活性化をはかったのが始まりです。

 

どんな祭り?

目黒駅前商店街にて、岩手県宮古市の新鮮さんまが6000匹

生と炭焼きで無料配布されます。

また「さんま」と言えば、「すだち」、

「大根おろし」ということで徳島県神山町からのすだち

栃木県那須塩原市からの大根おろしを付け合せとして使用しています。

そして、これまた入場無料の落語会「目黒のさんま寄席」も開催されており、

毎年約30000人以上のお客さんが訪れます。

食べて、笑って、お代は募金箱へ~というなんとも下町商店街らしいイベントです。

 

焼きさんまは長蛇の列

無料配布というだけあって、特に時間のかかる焼きさんまには長蛇の列ができ、

待ち時間も3~5時間に及びます。

列も最後尾に並ぶだけでも1キロ以上歩くことになります。

9月といえどもまだまだ蒸し暑い時期、服装に注意し、

帽子日傘などの紫外線対策はもちろん、熱中症対策を万全にしていかなければなりません。

こまめに水分補給できるように、お茶などを持参することをおすすめします。

持参のお茶がなくなった場合でも、列に並んでいる途中には、

自販機などもありますし、コンビニなどもあります。

お祭りなのでかき氷なども売っています。

とにかく水分をとりましょう。

救急搬送される人も続出です。

けれど、並んで待って、手にしたさんまは最高においしいです。

興味のある方、ぜひ一度味わいに行ってください。

参考熱中症の応急処置!知っておくと困らない!

参考紫外線対策グッズ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑