熊谷うちわ祭り2015!日程や見どころ、アクセスの紹介

公開日: : 最終更新日:2015/04/17 お祭り , , ,

熊谷うちわ祭り

熊谷うちわ祭りは、埼玉県熊谷市で毎年7月19日~23日までの5日間にわたり開催されている祇園祭です。「うちわ祭り」という名前の由来は、どのお祭りでもそうですが、このお祭りでも各家庭で赤飯を炊いて親戚に振るまったり、お店では仕入れ客に振る舞ったりしていました。それが徐々に祭りの見物客にも振舞うようになり、ある年、当時の生活必需品であったうちわも振る舞うことにしました。そのうちわが日本橋の老舗「伊場仙」のもので評判を呼び、その後もうちわを振る舞うのが定着したことから、「うちわ祭り」と呼ばれるようになりました。「関東一の祇園」とよばれる祭りでもあります。

スポンサードリンク

 

日程は?見どころは?

7月19日~23日の5日間ですが、20~22日の3日間山車や屋台などが出て、特に街中が熱気と興奮に包まれ盛大に実施されています。7月20日には、初叩き合い(はつたたきあい)という、全町の山車と屋台がJR熊谷駅北口広場に勢ぞろいして祭りの叩き合いを行う行事が行われます。時間は18:55~19:50。7月21日13:00~16:00には、巡行祭(じゅんこうさい)、交通規制で国道17号線が歩行者天国となり、12台の山車、屋台が年番町を先頭に西に向かい、折り返し東を目指します。その後20:30~20:40に八木橋前交差点にて、山車・屋台が扇形に集合し叩合いがおこわなれます。7月22日は、9時ころにお祭広場に行宮が設置され、20:30頃から山車・屋台がお祭り広場に集結して、曳き合い叩き合いを行い祭りはクライマックスを迎えます。その後も年番送り、熊谷祇園会の男女500人が交代で、御神輿を行宮から本宮に担いで向かう還御祭が行われ、祭りが終了します。

21日と22日は、歩行者天国になり露店もたくさん出店するので、かなりの賑わいとなります。また、このうちわ祭りの山車は、とても優雅で綺麗です。山車=派手というイメージがなくなり日本の伝統美を感じさせます。ぜひほかの祭りの山車と比べてみてください。

 

アクセスは?

会場周辺には、無料駐車場、有料駐車場がありますがどこもすぐに満車になりますので、車で行く方はお昼前には到着するようにしてください。また、会場周辺は交通規制が敷かれますので注意してください。関越自動車道東松山インターより車で約40分です。電車の場合は、熊谷駅より徒歩3分になります。

また、この時期の熊谷は夜でも暑いので熱中症対策は十分に行ってください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑