柏餅の豆知識!由来や葉っぱは食べれる?などを紹介

公開日: : 最終更新日:2015/03/08 食べ物 , ,

柏餅

5月5日の端午の節句には、柏餅粽(ちまき)を食べますね。これには、理由があるのですよ。

スポンサードリンク

 

柏餅とは?

柏餅とは、平たく丸めた上新粉で作った餅も二つに折り、間に餡をはさんでカシワの葉で包んだ和菓子です。餡は、こしあん、粒あん、味噌あんがポピュラーです。小豆餡のときは、葉を外表に、味噌餡のときは、葉を中表に巻くなど、巻き方で中身の違いを表しているそうです。ちなみに柏で巻いているから柏餅ではなく、もともとは柏餅がハマグリのような形をしていたこと、その形を作るために両手を体の前に合わせ拍手をするような形をしたことから、拍手(はくしゅ、かしわで)を打つ形で、「柏餅」となったようです。その証拠に、カシワが手に入りにくい地域では、サルトリイバラの葉が使われることもありますし、どちらかというと後者のほうが多いかもしれません。

 

柏餅の由来

同じ端午の節句に食べる粽は、中国由来のものですが、柏餅は、日本独自のものです。カシワは、昔から神聖な木とされたことや、新しい芽がでないと古い葉が落ちないため「子供を産まれるまでは親は死なない。」、つまり「後継が絶えない」、「子孫繁栄」に結びつき、端午の節句の縁起の良い食べ物になりました。この風習は、江戸時代に広まったそうです。江戸時代の商人が「バレンタインにチョコレートを」と同じように、「端午の節句には柏餅を!」と宣伝したのです。何ともたくましく商売上手ですね。

 

葉っぱは食べる?

柏餅の葉っぱは食べません。まれに「食べられるよ!」という方がいますが、多分「桜餅」の葉っぱと勘違いしているのでしょう。葉っぱは食べなくてもよいです。巻くと良い香りがつき、より美味しく食べることができます。

 

粽VS柏餅??

あなたは、端午の節句で思い出す食べ物は粽ですか?柏餅ですか?先程も書きましたか、粽は中国から伝わったもので、平安時代に端午の節句とともに伝えられ全国に広がってきました。一方柏餅は、日本由来のもの。江戸から広まっていったので、関西では粽関東では柏餅がポピュラーです。

 

手作りも

もちろん手作りもできますよ。上新粉250g、水350ccをよく混ぜ、レンジ600wで5分、ラップの上で広げてギュッギュッと揉めば、お餅のような生地になります。冷めたら10等分にして、麺棒で伸ばし、餡を詰める。柏で巻けば、柏餅の出来上がりです。餡を詰める作業はお子様にでもできます。GWの連休に一緒にてづくりはどうですか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

びわ湖花火大会2015
びわ湖花火大会2017!見どころと有料席や穴場スポットを紹介

毎年、湖畔の城下町を彩るびわ湖花火大会。2017年は8月8日(火)の1

足立花火大会
足立花火大会2017!見どころや穴場を紹介

足立花火大会は、荒川河川敷にて行われる花火大会です。打上数約1万200

隅田川花火大会スカイツリー
隅田川花火大会2017の会場の違いと穴場スポット

今年も隅田川花火大会が7月29日(土)午後7時5分~午後8時30分に開

PAGE TOP ↑