除湿機の種類や効果の紹介!洗濯物の部屋干しも大丈夫

公開日: : 最終更新日:2015/03/15 生活 , ,

除湿器

除湿機 (じょしつき) とは、室内気の減湿に使用される空気調和設備です。多湿時に汗が乾きにくいために人間が感じ取る不快指数を下げるために使用され、また、衣類の乾燥や乾燥圧縮空気の供給にも使用されます。夏は多湿、冬は結露と湿気対策は年中必要です。特に梅雨のジメジメは、部屋をあけると「ムウッ~」とする空気、嫌な臭いを放ち乾かない洗濯物に不快な気分になりますよね。湿気は、放っておくとカビや細菌の繁殖の原因にもなります。除湿機で取り除きましょう。

スポンサードリンク

 

除湿機の種類は?

除湿機は、除湿の方法によって大きく3つに分けわれます。

① コンプレッサー方式

空気を冷やすことによって水分を取り除く方法。フロンガスを冷却して湿気を水滴に変えます。長所は、除湿能力が大きいので梅雨や夏場などの湿気の多い時でもパワフルに除湿でき、消費電力も少ないことです。短所は、振動音が大きいことと、サイズが大きめなこと。

 

② デシカント方式

水分の吸着に優れたゼオライト(乾燥剤)で水分を吸着させる方法。フロンを使わず、水分を吸着したあとヒーターで温めた乾燥した空気を出します。コンパクトで静か、低温時での除湿能力もありますが、ヒーターを使うので電気代がかかるのと発熱するので部屋の温度が上がります

 

③ ハイブリッドタイプ

①と②の融合型です。夏場はコンプレッサー方式、冬場はデシカント方式で除湿します。さすがに若干高価になります。

 

効果は?

除湿能力は、カタログに記載されているはずです。部屋の大きさに考慮した能力のものを選ぶとよいですが、できるだけ早く除湿したときは適応面積に関わらず大きな容量のものを購入しても良いです。持っている方は、わかると思いますが、「こんなに湿気あったのか~」という程、水が出てきますよね。

 

人気のものは?

「除湿機は、梅雨や夏の間だけ使う。」という方が結構多いので、コンプレッサー型の除湿機が人気です。部屋干し対策としての使用がもっぱらで、除湿能力が高く、容量タンクの大きいものが人気です。そのほかは、消費電力の少ないエコ製品、消臭などのオプションなどがついているものなども選ばれています。主要電機メーカー以外にもアイリスオーヤマ、コロナのものなどが人気が高いです。

家の立地条件などで、どうしても一年中除湿機が必要な家には、「ハイブリッド方式」が人気です。ハイブリッドタイプを最初に発売したパナソニックのものがよく売れています。ただし、お値段も高いので、冬にも除湿が必要かどうか見極めてから購入してください。

 

価格は?

一般的な家庭のコンプレッサー式除湿機ですと15000~30000円ほどのもので十分だと思います。部屋の大きさなどを考えて購入してください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

びわ湖花火大会2015
びわ湖花火大会2017!見どころと有料席や穴場スポットを紹介

毎年、湖畔の城下町を彩るびわ湖花火大会。2017年は8月8日(火)の1

足立花火大会
足立花火大会2017!見どころや穴場を紹介

足立花火大会は、荒川河川敷にて行われる花火大会です。打上数約1万200

隅田川花火大会スカイツリー
隅田川花火大会2017の会場の違いと穴場スポット

今年も隅田川花火大会が7月29日(土)午後7時5分~午後8時30分に開

PAGE TOP ↑