アイスランドのオーロラ観光とその費用

公開日: : 最終更新日:2014/07/07 お出かけ, 旅行 ,

アイスランド、聞いたことはあるけれど、どうだと聞かれると詳しくは答えられない。

そんなアイスランドのことを詳しくまとめていきたいと思います。

この記事を見てアイスランド通になりましょう。

スポンサードリンク

アイスランドの特徴

面積は北海道と四国を足した面積ほどで、人口は30万強です。

多くの火山があり、地熱による発電に利用しているほか、温泉にも利用しています。

言語はアイスランド語で、日本との時差は9時間です。

 

場所はどこ?

アイスランドは北ヨーロッパの北大西洋上にあります。

分かりやすくすると、イギリスの北の方にあるアイスランド島などの島々になります。

 

名前的にも場所的に寒そうだけれど

最高気温は夏(7、8月ごろ)に15℃程度と低いですが、最低気温は暖流のおかげでそれほど低くはありません。

アイスランドよりも低緯度の北海道でも冬は-30℃を下回ったりしますが、アイスランドは-3℃ほどです。

天気は年間を通しての一か月の降水日数が10日程度と少々多いですが、年間降水量は1000mm以下日本の半分ほどです。

 

日本から遠いけれど観光旅行とかどうだろう

高緯度というと思い浮かぶのがオーロラです。

ヨーロッパ旅行をするときに飛行機から見えたりもしますが、アイスランドではオーロラをまじまじと観賞することが出来ます。

上記にもあるように最低気温が低くないため、それほど寒い思いをせずオーロラを見ることが出来ます。

他には日の光により黄金に見えるというグトルフォス、ロッククールの間欠泉、アイスランドの歴史を学べるアイスランド国立博物館などがあります。

オーロラ

 

オーロラを見るには?

時期は、日が短くなってくる8月下旬ごろから翌年4月中旬くらいまでです。

時間帯は20時ごろから11時ごろ。

オーロラを観賞することが出来るほかの国(カナダのアラスカなど)は深夜に見えることが多いので、それと比べると無理をせずオーロラを楽しめます。

また、街からほんの少し離れた場所から見られることも、アイスランドでのオーロラ観察のメリットです。

 

アイスランドに行くには・・・

アイスランドには成田空港から乗り継ぎで行く必要があります。

所要時間は20時間ほどです。プランによっては途中の国で1泊する場合もあります。

ツアーの価格は安いもので30万円(4泊6日)ほどです。

ヨーロッパのほかの国のツアーと比較すると少々値は張りますが、思ったほどではないのではないでしょうか。

但し、旅行のピークシーズンは6~8月ですので、オーロラを観察する時期には現地の観光施設が閉まっていることもあるようです。

治安は他の国と比較すると良く、暴力系の犯罪に巻き込まれるといった心配も低いようです。

 

アイルランドとは違うの?

アイルランドとアイスランドは違う国です。イギリスの西にある国がアイルランドです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑