電気カーペット!その電気代と節約方法を紹介

公開日: : 最終更新日:2015/07/29 生活, 節約 ,

ホットカーペット

電気カーペットとは、その名のとおり電気によって加温されるカーペットのことです。カーペットの内部に電熱線が張り巡らされており、電気を流すことでカーペット全体が温める仕組みとなっています。冬の暖房器具のひとつとして重宝されています

スポンサードリンク

 

電気カーペットの使い方は?

あとからまた書きますが、電気カーペットは電気代が高いので、他のものと併用して使うことをおすすめします。併用することで相乗効果がありお互いの設定を低く抑えることができます。例えば、電気カーペットとひざ掛けを併用。ひざ掛けが温まった足元の熱を逃がさず効率的に温めてくれます。次に、断熱シートとの併用。下に断熱シートを敷くだけで、床に熱を逃がしにくくなりよく温まります。そして、こたつとの併用。家族でまとまって過ごす方にはおすすめです。こたつの電源を入れずともコタツの中を効率よく温めてくれます。他にもエアコンとの併用。足元を温めてくれるので、エアコンの設定は弱くても体が温まります。

 

商品の価格は?

大きさや素材、機能にもよってさまざまですが、一人用の小さなものならば3000円くらいからあります。大きなもので、カーペットの素材も床と同じような木目調のものになると2万円以上するものもあります。機能も多段階の切り替えがあるもの、丸洗い可能なもの、防ダニ機能のあるものなど、多岐に渡っていますので、自分に必要なものを選んでください。ペットを飼っているご家庭は、消臭機能のついた電気カーペットもありおすすめです。

 

電気代は?

実は、電気カーペットは意外と電気代がかかるのです。こたつなどの暖房器具の中でも電気カーペットは一番消費電力が大きいと言われています。これは、電気カーペットは、カーペット全体を温めるので無駄が多いのです。ですが、工夫次第で電気代をさげることができます。できるだけ節電するには、まず、座っている部分だけ温めるようにします。ほとんどのカーペットには、温める部分が指定できる切替スイッチがついていますので、それを利用して、人のいない部分は電気を切っておきます。そして、設定を「強」から「中」や「弱」にするだけでも年間3000円~5000円ほど節約できます。さらに、これは購入するときの基本ですが、部屋の大きさに合ったサイズのカーペットを選びましょう。1畳違うだけでも年間2000円ほどの節約になります。うまく使用すれば、コスパの良い優秀な暖房器具になりえますよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

びわ湖花火大会2015
びわ湖花火大会2017!見どころと有料席や穴場スポットを紹介

毎年、湖畔の城下町を彩るびわ湖花火大会。2017年は8月8日(火)の1

足立花火大会
足立花火大会2017!見どころや穴場を紹介

足立花火大会は、荒川河川敷にて行われる花火大会です。打上数約1万200

隅田川花火大会スカイツリー
隅田川花火大会2017の会場の違いと穴場スポット

今年も隅田川花火大会が7月29日(土)午後7時5分~午後8時30分に開

PAGE TOP ↑