干し柿のつくり方

公開日: : 最終更新日:2015/07/17 食べ物 ,

干し柿

実りの秋を代表する果物のひとつである柿。もともと栄養価の高い柿ですが、干し柿にするとさらに栄養価が増します。ビタミンCこそ減少しますが、ビタミンA、食物繊維、カロチンが増え、カリウムも豊富に含むので、高血圧、脳卒中の予防、むくみの解消、疲労回復、風邪予防などに効果があります。昔から「柿が赤くなると、医者が青くなる。」と言われるほどの効果のある柿、干し柿にするとさらに医者いらずになりますよ。

スポンサードリンク

 

干し柿の作り方

さて、この干し柿ですが自宅でも作ることができます。用意するものは、渋柿とヒモだけですので、ぜひ作ってみてください。

① まず、渋柿のヘタの周りの皮を包丁でむきます。
② 頭からお尻にかけて縦に皮をむいていきます。ピーラーなどで向いても良いです。
③ ヒモを60~70cmに切って、柿を2個で1組みになるように、柿の軸にヒモの両端を結ぶ。
④ 鍋にお湯を沸騰させ、柿を5~10秒ほど熱湯にくぐらせます。この作業でカビが生えにくくなります。
⑤ 柿を軒下の日当たり、風通しの良いところに干します。直射日光が当たるところは避けてください。また、雨にあたるとカビが生えます。柿通しがくっつかないように、ヒモにもくっつかないように干しましょう。カビが気になる方は、アルコール度数の高い焼酎を霧吹きでかけたり、アルコールでカビの部分を拭いたり包丁で切っても良いです。
⑥ 1週間程度したら外皮が固くなるので指で軽く揉みましょう。数日後また揉みましょう。こうすることで渋が早く抜けて甘くなります。
⑦ この揉む作業をすれば、2週間程度、揉まなければ1ヶ月程度で出来上がります。

干し柿の白い粉は、乾燥させたことによって、糖分がしみ出したからです。糖分が多いほど粉がついています。

 

どこで購入?保存は?

干し柿は、シーズンになるとスーパーにも出回りますし、ネットでも購入することができます。価格は、その年によって左右されると思いますが、普通の柿1個とほぼ同じ値段ではないでしょうか?常温保存すると水分がどんどん飛んでいってしまうので、紙袋に入れたり、キッチンペーパーなどで一つ一つ包んで風通しの良い所に置いておくと長持ちします。ラップに包んで冷凍保存も可能です。解凍は、冷蔵庫に入れるか常温解凍でも構いません。
そのまま食べても美味しいですが、なますに入れたり、お菓子を作るときに入れても美味しいです。栄養価の高い食べ物ですのでぜひとも積極的に摂りたいですよね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑