ハロウィーンで仮装を楽しみたい!

公開日: : 最終更新日:2014/08/13 お出かけ, お祭り, ハロウィン , ,

「トリック・オア・トリート!( Trick or treat! )」というセリフが有名なハロウィーン。

本来の意味は「いたずらされるか、おもてなしするか、どっちがいい?」になります。

以前と比較すると大分馴染みのある行事になりつつあり、

ハロウィーンへの参加に興味のある方も多いかと思います。

本記事では、近年での日本のハロウィーン事情についてまとめていきます。

a1180_001651

スポンサードリンク

まずはハロウィーンの説明を

ハロウィーンは古代ケルト人が起源の、秋の収穫を祝ったり

悪魔などを祓ったりするための祭りでした。

現在では本来の意味合いは薄らぎアメリカの行事として定着し、

毎年10月31日に行われます。

アメリカ等でのハロウィーンは日本での認識とほぼ同じで、

子供が仮装してお菓子をもらいに周囲の家を廻ったり、

カボチャのお菓子を食べたり、

カボチャをくり抜いたジャンク・オー・ランタンを作ったりします。

 

日本でのハロウィーン

近年では日本でもハロウィーンが一般的になってきています。

その理由としてはディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンのイベント、

日本のコスプレ文化、英語学習、

日本人の海外文化吸収の性質による影響が大きいといわれています。

先駆けはディズニーランドですが、その後、

食品産業がハロウィーンに参入するなどして今に至っています。

 

どこで楽しめる?

国内でも実は色々なところでハロウィーンが催されています。

いくつか例を挙げると、川崎駅の「カワサキ・ハロウィーン・パレード」、

東京ディズニーランドの「ディズニー・ハッピーハロウィーン」、

長野県白馬村の「白馬deハロウィン」、

新潟県新潟市の「にいつハロウィン仮装まつり」などさまざまです。

実はあなたの近くでもハロウィーンが行われているかも?

 

皆、どんな仮装をしている?

上でも述べたとおり、日本にはもともとコスプレ文化があり、

ハロウィーンの際にはさまざまなアニメなどのキャラクターの

コスプレを行うことが多いようです。

もちろん、魔女やミイラ、ゾンビなどのお化けの格好をして参加する人も多いです。

衣装は色々な種類のものが販売されています。

もちろん自作もまれではありません。

さすが、コスプレの発信地、日本といったところです。

 

日本のハロウィーンの良いところ・悪いところ

前述してきた日本のハロウィーンの特徴は「大人」が主役な点です。

ハロウィーンの夜にコスプレして飲んで騒いでといった感じでしょうか。

大人が楽しめるハロウィーンが日本のハロウィーンです。

コスプレのレベルが高いという点も海外では評価されているようです。

しかし、どうでしょうか。

海外ではハロウィーンといえば「子供」が主役のイベントです。

その本来の主役が日本ではそれほど重要視されていないというのが現状です。

どちらが良いということは言えませんが、

大人」と「子供」の両者が楽しめるイベントに進化させていくことが重要だといえます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑