お正月にぴったりなフラワーアレンジメント

公開日: : 最終更新日:2014/11/18 季節, 手作り, 生活

フラワー

普段からお花を飾っているご家庭でも、

お正月にはぜひお正月向けのフラワーアレンジメントはどうですか?

スポンサードリンク

 

どういうもの?

花を配列する整理する、という意味があります。

花や葉の関係を整理し、

花と花器その他の素材を整理しながら組み合わせていきます。

花瓶に飾った一本のタンポポだって、

飾った人の意によっては立派なフラワーアレンジメントになります。

お正月には、お正月を意識したお花を飾ってみましょう。

 

いつ飾る?

本来正月飾りは、12月13日の正月事始めに用意するものですが、

生花の場合は27日、28日に飾ることが多いようです。

29日は「苦立て」、31日は「一夜飾り」と言って、

飾ることを避けることが多いです。

お正月にお客様を迎えるときは、華やかなお花を飾りたいですね。

松の内と呼ばれる1月7日までは飾っておきましょう。

 

種類は?

使う花によって、3種類のものがあります。

生花を使ったもの、生花を乾燥させたドライフラワーを使ったもの、

花の水分を抜いて長持ちさせる保存料を入れたブリザードフラワーを使ったものです。

生花は、やはり見た目も活き活きとして新鮮ですし、

ブリザードフラワーは数年間は持つので、

何年間か使い回しすることができます。

この他にも、シルクフラワー(造花)の飾りもあります。

どこで手に入れる?手作りできる?

お正月なので、紅白っぽいデザインのもの、

竹の器にいれたもの、松の枝をあしらったもの、

しめ飾りをアレンジしたものなど、

お正月向けのフラワーアレンジメントはたくさんのものがあります。

お花屋さんはもちろん、ホームセンター雑貨屋さん

もちろんネット上でもたくさん扱っています。

置く場所などを考えて部屋の雰囲気にあったものを購入することをおすすめします。

価格帯は、5000円ほどからでしょう。

小さな飾りであれば、もう少し安価な物もあります。

ブリザードフラワーになるともう少し高めのものが多いようです。

門松やしめ飾りのかわりとして購入するご家庭も増えてきています。

手作りしてみたいという方、お正月の和の雰囲気を出すには、

重箱竹の器をつかうと効果的です。

そこに赤・黄・紫といった和の色合いを選んで花を飾ってみましょう。

またこの季節になると、

「お正月フラワーアレンジメント教室」なるものが

地域やお店のイベントで開催されているので、

ノウハウを学んでくるのも一つの手です。

手作りしたお花でお正月を迎えるというのもまた格別なものだと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑