イースターエッグの作り方やおすすめの紹介

公開日: : 最終更新日:2015/03/01 お祭り, 季節, 手作り, 生活

 

イースターエッグ2

イースターとは、十字架で死んだキリストが甦ったことを祝う、キリスト教においてはとても重要な祭りです。日本でも復活祭という名前で知られるようになってきました。この復活祭には、生命の始まりを象徴した卵やひよこなどがモチーフとして使われることが多いのですが、復活祭に特別に飾り付けられた卵を「イースターエッグ」といいます。

もともとは、染めたり塗ったりした鶏卵を使いますが、チョコレートで作られた卵や、キャンディなど詰めたプラスチックの卵で代用するようになってきました。そんなイースターエッグについて紹介します。

スポンサードリンク

 

作り方は?

イースターエッグは、本来は本物の卵を使っていましたが、手芸店などで売っている卵型の発泡スチロールを使う方も増えてきました。本物の卵を使う場合は、ゆで卵にする方法と、卵に小さな穴を開けて中身だけ取り出す方法があります。生玉子の場合は、お尻と頭に小さな穴を開け、穴に爪楊枝を入れて黄身をつぶしてから中身を取り出し、ていねいに洗ってください。卵の準備ができれば、あとは、食紅絵の具クレヨンなどお好きな画材で色を塗ったりデザインを描いたりすればOKです。マスキングテープやシールなどを使えば、ちぎって貼るだけなので簡単に作ることもできますよ。リボン、ビーズ、スパンコールなどを使ってもかわいらしいです。

 

おすすめは?

おすすめのイースターエッグは、紙ナプキンを貼ってつくったものです。紙ナプキンのデザインは、イースターエッグに似つかわしいおしゃれなものが多いのと、紙ナプキンの薄さが卵にぴったり貼れるからです。デザインの部分を切り取り貼れば、きれいなイースターエッグの出来上がりです。

お子さんと一緒に楽しくできるのが、イースターエッグのウサギ。うさぎもたくさん子供を産んでぴょんぴょん飛び跳ねる元気なイメージからイースターの少々とされています。作り方は、ゆで卵に、目と鼻、ヒゲなどを書き(接着剤をつけた毛糸などでつくってもよし)画用紙で耳をつけるだけです。卵とうさぎでイースターらしいモチーフが出来上がりました。イースターは、必ず日曜ですので、ぜひお子様と作ってみてはいかがですか?

卵をきれいに染めたい方は、食用色素をつかうのがおすすめです。卵を水で薄めた食用色素に12時間ほど漬け込めば、ムラなく全体が綺麗に染まった卵が出来上がります。キッチンペーパーなどの上でしっかり乾かしてください。あとはお好みでデザインを描いたり、シールを貼ったりすれば、カラフルな卵ができます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑