ダウンジャケットのお手入れと洗濯方法

公開日: : 最終更新日:2014/09/24 お出かけ, デート, ファッション, 季節, 生活, 節約 ,

スポンサードリンク

冬になると大活躍するダウンジャケット、

暖かくかつおしゃれの定番としても人気のアイテムです。

しかし困るのがこのダウンジャケットの手入れ。

自宅で洗うのは難しそうだし、クリーニングに出しても大丈夫なのか?

そんなダウンジャケットのお手入れ方法について紹介します。

 

普段のお手入れと洗濯方法

まず、日頃のお手入れとして、

着用後はハンガーに吊るし風通しの良いところにかけて湿気を取り除きましょう。

ニオイが気になる時は消臭スプレ-をかけるとよいです。

スプレーするときは20cmほどはなしてスプレーし、

風通しの良い日陰で自然乾燥させましょう。

時々防水スプレーをかけると長持ちします。

そして、洗濯ですが、自宅で洗うのは困難そうなダウンジャケットですが、

洗濯機マーク手洗いマークの表示がある場合は家でも洗うことができます。

ダウンジャケットは、水に浮いてくるので、

洗面槽や洗濯槽を使って押し洗いするのがよいです。

その前に襟や袖口、

ポケット部分の気になる汚れを中性洗剤につけたスポンジなどで軽く叩き洗いします。

ファスナーやボタン等は閉めましょう。

それからダウンジャケットが浸かるほどの水に、

中性洗剤を入れて40回ほど押し洗いします。

揉むと中の羽毛を傷つけてしまいますので注意してください。

洗った後は、水を2回ほど取り替え押し洗いの要領ですすいでください。

すすいだらふっくら仕上げるために新しく張った水に柔軟剤をいれて柔軟仕上げをします。

脱水は、手で押し絞ったあとにバスタオルなどに挟み水分を取り除きます。

干す前にシワを伸ばし、形を整えて、風通しのよい日陰で干しましょう。

湿気が残ると嫌な臭いやカビの原因となります。

完全に乾燥させましょう。

保管、収納するときも、防虫剤、乾燥剤をいれて湿気の少ない場所に収納しましょう。

 

クリーニングに出す

水洗い不可ドライマークのついたダウンジャケットは、

クリーニング店にお願いしましょう。

価格は2000円前後が相場です。

撥水加工などをするともう少し高くなりますが、

ジャケットをキレイに保つことができます。

アウターなので頻繁に洗う必要はないと思いますが、

袖や襟口などは意外と汚れています。

シーズンが終わるごとにケアしましょう。

また、クリーニングから戻ってきたら、ビニール袋から出し、

2~3日ほど陰干しして湿気を取り除いておきましょう。

もちろん、手洗いできるダウンジャケットもクリーニングできますが、

手洗いすることでかなりの節約になります。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑