電気毛布!価格や電気代などを紹介

公開日: : 最終更新日:2015/07/23 季節, 生活 ,

電気毛布

電気毛布とは、その名のとおり電気によって加温できる毛布のことです。体を温めるばかりでなく、冷えた寝具も温めることで睡眠を助ける寝具でありもちろん暖房器具でもあります。

毛布の内部に被覆を施した電熱線が埋め込まれてあり、これに電気を流すことで毛布全体が温まる仕組みで、電源には温度を設定、調節するコントローラーが設けられているものがほとんどで、また電気抵抗の大きい抵抗体を使用して異常な加熱を未然に防ぎ、適度な温度を保てる工夫をしています。

スポンサードリンク

 

種類は?

毛布の生地は、ポリエステルやアクリル繊維の生地がほとんどで、種類は、掛毛布敷毛布と最近はコントローラーによって掛敷両用にできるものもあります。同じような布団の中を暖めるあんかや湯たんぽ等に比べれば、布団全体を温めることができるので、加温効果は大きいでしょう。

 

いつ頃から使う?

地域にもよりますが、他の暖房器具と同じくらいでしょうか?12月~3月くらいまで。あるとすぐに体がポカポカするので、早く入眠できます。また、子供は皮膚が弱いので、長時間使うと低温やけどの恐れがあります。小さいうちは、寝る前に電気毛布で布団を暖めておき、寝るときに電源を切るとよいでしょう。子供は、体温が高いので、あまり必要はないと思います。もしどうしても寒いのであれば湯たんぽなどを少し離して使用するか、小学生くらいになってから使用したほうがよいでしょう。

 

価格はどれくらい?

大きさや性能によって価格帯にバラつきがあります。2000円しないものから1万円を超えるものまで。丸洗いOKのもの、消臭抗菌加工の施してあるもの、タイマー機能のあるもの、温度調節の幅が細かいもの、ダニ対策機能のあるもの、暖房部分が選べるもの、掛敷両用のもの、切り忘れ防止機能付きのもの、室温センターがついて温度調節してくれるものなど。さまざまな機能の中から自分の必要なものを選べば良いと思います。もちろん安いものでも、すぐに温まりますし、ヌクヌクと過ごすことができます。

 

電気代は?

電気毛布の電気代は意外と安いんです。強さを「弱」にするか「強」にするか、その毛布の消費電力にもよりますが、ひと月100円もかからないものがほとんどです。それで、冬の夜を快適に過ごせるのですから、電気毛布はかなりのスグレモノなのです。ただし家族全員が一枚ずつ使うのであれば、×人数分となりますが、熱帯夜のエアコン使用に比べたら本当に安いですよ。

もし、オール電化で深夜電力の電気料金プランを契約している家庭ならばさらに安くなると思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑