岸和田だんじり祭りの見どころと詳細

公開日: : お出かけ, お祭り, 季節 ,

  

今年も岸和田だんじり祭りが9月13日(土)14日(日)2日間にわたって行われます。

9月に入ると岸和田市民は年に一度の祭りの準備をはじめ、

祭り一色となります。

まつりの詳細について書きたいと思います。

 

祭りの前にも・・

祭り本番は、13日、14日ですが、試験曳きというのが行われます。

今年は9月7日(日)12日(金)14~16時です。

12日の試験曳きは祭り前日とあって前夜祭のような雰囲気でもあります。

祭りの本番は予定があり見に行けないという方は、

ぜひ試験曳きにご参加ください。

だんじりに施された彫刻じっくりと見れるチャンスでもあります。

もちろん祭りと同じく雨天決行です。

 

祭り詳細・みどころ

さて、祭りの本番ですが、会場は大阪府岸和田市南海「岸和田駅」と

春木駅」の周辺にておこなわれます。

スポンサードリンク

13日・・宵宮

6:00~ 7:30 曳き出し

9:30~11:30 午前曳行

13:00~17:00 パレード・午後曳行

19:00~22:00 灯入れ曳行

 

14日・・本宮

9:00~12:30 宮入り

13:00~17:00 午後曳行

19:00~22:00 灯入れ曳行

 

岸和田だんじりの大きな特徴

岸和田だんじりの大きな特徴は、

道の角を曲がるときに決して速度を緩めない」ことです。

ぶつけないように慎重に曲がってはいけません。

この豪快な方向転換は「やりまわし」とよばれています。

だんじりは重さ4トンもあり猛スピードで曳きまわすことはとても難しいのですが、

このスリルが大きな魅力となって見物客に喜ばれています。

そして、昼間の曳行と夜の曳行は、全く違います。

だんじり祭りといえば、昼の激しい祭りを想像しがちですが、

夜の灯入り曳行は、赤い駒堤灯がつけられとても幻想的です。

 

おススメの観覧場所

カンカン場

豪快なやりまわしが観覧できる岸和田だんじり祭りのメインスポットです。

観覧席も設けられていて、警備も厳しく混雑する場所なのですが、

迫力あるだんじりを見られる場所です。

また夜の灯入りの曳行も、

ここから岸和田通りあたりで22台すべてのだんじりを

ゆっくりと観覧することができます。

 

こなから坂

岸和田市役所前のこなから坂を、15台のだんじりが駆け抜けます。

岸城神社に宮入りする前の見せ場で迫力満点です。

14日午前9時ごろになります。

 

岸和田駅前パレード

13日午後13時ころから、岸和田商店街からだんじりが飛び出し

一気に駆け抜けていきます。

 

例年の人出は、60万人。

込み合いますが、例年、有料観覧席チケットピアにて購入できます。

迫力を楽しみたい方にはおススメです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

びわ湖花火大会2015
びわ湖花火大会2017!見どころと有料席や穴場スポットを紹介

毎年、湖畔の城下町を彩るびわ湖花火大会。2017年は8月8日(火)の1

足立花火大会
足立花火大会2017!見どころや穴場を紹介

足立花火大会は、荒川河川敷にて行われる花火大会です。打上数約1万200

隅田川花火大会スカイツリー
隅田川花火大会2017の会場の違いと穴場スポット

今年も隅田川花火大会が7月29日(土)午後7時5分~午後8時30分に開

PAGE TOP ↑