さぬき豊浜ちょうさ祭の日程と見どころなど

公開日: : 最終更新日:2014/09/13 お出かけ, お祭り, 季節, 旅行 ,

スポンサードリンク

毎年10月第2週末香川県観音寺市豊浜町で開催される「さぬき豊浜ちょうさ祭」。

今年は10月10日(金)~12日(日)にかけて行われます。

人口9000人ほどのこの町が、10月の3日間、巨大なちょうさでうめつくされます。

金糸刺繍で絢爛豪華に飾られた23台のちょうさは圧巻です。

ちょうさは、150年ほど前にこの地方に伝わったとされ、

もともとは五穀豊穣や豊漁、平安を祈願して行われる祭りです。

 

「ちょうさ」って?

ちょうさ」とは、いわゆるお祭りの太鼓台のことです。

太鼓台は地方によって呼び方が違っています。

九州の丹波地方では「太鼓山」、兵庫の播州では「屋台」、

淡路島では「かき壇尻」、その他にも、チョーサイ、マイトカ、

バカンチョッサなどなど所変われば名称も違ってきます。

この豊浜では「ちょうさ」と言われ、

歴史と伝統を刻んだ23台のちょうさが、祭りの主役となります。

 

運行日程と見どころ

初日の10日の午後より八幡神社宮参り町内巡行が始まります。

各地区自慢のちょうさが、粋な男たちに担がれて競いながら町を巡行します。

ちょうさだけでなく、担ぎ手の法被もその地区の男たちのこだわりのあるものです。

そして、中日の午前中町内を巡行し、14時ころちょうさが八幡神社に集合し、

御神輿お立ち、ちょうさパレードなどが行われます。

巨大なちょうさは、高さ5m、総重量が2トンにもなり、

各地区の人々の祭りへの熱意がこもった

豪華絢爛な飾り付けのちょうさの集合した様子は見事です。

夜19時ころからおこなわれるちょうさ10台による「音と光のパレード」も圧巻です。

提灯のついたちょうさも昼間とは違う美しさです。

最終日は、色々な場所で「かきくらべ」も行われます。

「かきくらべ」は、100人以上の担ぎ手全員が力と呼吸を合わせて、

巨大なちょうさを頭上へとさしあげることです。

掛け声とともにおこなわれる見事なちょうさのかきくらべは、

観衆を魅了し、祭り最大のみどころとなっています。

ちょうさが宙に舞い、周りを囲んだ観客席から大きな歓声や拍手が送られ、

祭りは最高潮を迎えます。

運行日程などで、

事前にかきくらべのおこなわれる時間や場所をチェックしておくとよいでしょう。

さぬき豊浜町の熱い3日間です。

 

交通規制

小さな町にこのお祭りの3日間は、3万人もの人であふれかえります。

近くの道路は渋滞し、交通規制も行われるので、

見物に行こうという方は、公共の交通機関がベストでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑