生チョコのつくり方!基本レシピからアレンジレシピまで紹介

公開日: : 最終更新日:2014/12/28 季節, 手作り, 食べ物 ,

 生チョコ

優しい口溶け、程よい甘さの生チョコ。

食べだしたらとまらなくなりますよね。

ならば自分で作ってみましょう!

スポンサードリンク

 

基本のつくり方

① ミルクチョコレート5枚(250g)を細かく刻んでボウルに入れる。
② 生クリーム100ccを鍋に入れ、中火で沸騰直前まで火にかける。
③ ②を①に一気にいれ泡立て器で混ぜ合わせる。チョコが溶け、クリーム状になるまで混ぜる。
④ オーブンシートを敷いたバッドに流し入れ、冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。
⑤ バッドから外し、オーブンシートをとって、温めた包丁でお好みの大きさにカットする。
⑥ ココアをまぶしつけて出来上がり。

 

綺麗に仕上げて箱に入れれば
それだけで素敵なバレンタインの贈り物としても使用できますよ。

 

おすすめ手抜き生チョコ

自分用にもっと簡単に食べたいという方は、
こんな簡単レシピもありますよ。

① バニラアイスクリーム30gをマグカップで常温に溶かす。
② チョコレート60gを適当に折って入れ、レンジ500wで1分半チン。混ぜ合わせてチョコを溶かす。
③ 冷蔵庫で冷やし固める。

 

簡単ですが、
意外にもこのマグカップのままラッピングすれば
プレゼントにもなります。

生チョコはお好みでデコレーションしてください。

 

アレンジレシピ

生チョコ風チョコバー

生チョコを冷やし固める前に、

ピーナッツやチョコチップ、
マシュマロ、
くだいたビスケット

などを入れましょう。

 
長細くカットすれば、
おしゃれな生チョコ風チョコバーの出来上がりです。

 

食べる時、手が汚れますので、
ココアをまぶして、
持ちやすいようにラッピングすると良いです。

 

生チョコどら焼

生チョコを冷やす前にすこし水飴をいれると濃厚なチョコあんに。

どら焼き生地に挟めばチョコの美味しいどら焼きができます。

 

生チョコのカロリー

生チョコは、チョコレートの脂肪分、糖分、
生クリームの脂肪分などでかなりの高カロリースイーツです。

食べすぎにはくれぐれも注意しましょう。

カロリーを減らしたい方には、
豆腐を使った生チョコレシピを紹介します。

 

ヘルシー生チョコ

① チョコレート60gをレンジで1分半ほどチンして溶かす。溶けるまでチン。
② 豆腐60gと上新粉10gを器でしっかり混ぜ合わせる。
③ ①と②をしっかり混ぜ合わせレンジで1分半チン、混ぜ合わせて30秒ほどチン。
④ 混ぜ合わせたら一口大に丸める。冷蔵庫で1~2時間ほど冷やし固める。
⑤ ココアパウダーをまぶして出来上がり。

 

すこしあっさり味の生チョコの完成です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑