ボルシチのレシピ

公開日: : 最終更新日:2014/12/23 ダイエット, 健康, 手作り, 生活, 食べ物 ,

スープ

ボルシチと言えば、メジャーなロシア料理です。

テーブルビートと玉ねぎ、人参、キャベツ、
牛肉などの材料などを炒めてからスープでじっくり煮込んで作ります。

具材は決まっていませんが、
テーブルビートの色素による深紅色をした鮮やか色が特徴の煮込みスープです。

皆さんは、食べたことがありますか?

家庭でも作れるレシピを紹介します。

スポンサードリンク

 

簡単レシピ

テーブルビートは、ビーツなどとも呼ばれていますが、
収穫時期は8~9月ころです。 

この頃だと西欧野菜を取り扱う店で購入することができます。 

生のものをつかうとより鮮やかなスープの色を出すことができますが、
簡単に作るには、缶詰を買うのがおすすめです。 

この缶詰を使って簡単に作ってみましょう。

① 牛肉、じゃがいも、人参、玉ねぎ、キャベツなどを食べやすい大きさに切る。
② バターで上記とつぶしたニンニクを炒める。
③ 水3と1/2カップ、ホールトマト200g、ビーツ230g、ビーツの缶汁1/2カップ、固形スープの素3個、塩少々、あればローリエの葉を入れ30分ほど煮込む。
④ 塩、こしょうで味を整えて、サワークリームをのせて出来上がりです。

カレーやシチューを作るのと同じような手順で簡単にできますね。 

ポイントとしては、アクは丁寧に取り除いてください。 

ボルシチには、ライ麦のパンがよく合いますよ。

 

アレンジレシピ

季節の野菜をいれて煮込んでみてください。 

冬ならばカブ大根がおいしいですよ。 

夏にはナスやピーマンなんかも入れてください。

 

そして、牛肉の代わりにほかのお肉
豆類なんかもまた違った美味しさになります。

 

最後にバターやオリーブオイルを加えても
コクと風味がグッとアップします。 

 

テーブルビートの缶詰が手に入らなければ、
赤大根ラディッシュを使用してもボルシチっぽくなります。

 

ボルシチの栄養価

ボルシチは、お肉、野菜をたくさん使っていますので、
一度にタンパク質やミネラルなどのいろいろな栄養をとることができます。 

 

そして、スープなのでお腹に溜まり満足感を得ることもできます。 

 

特に、ボルシチの特徴である深紅色を出すテーブルビート(ビーツ)は、

飲む輸血」とも言われるほど、

リン、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、鉄、カルシウム

などの栄養素を豊富に含んでいます。 

 

他にも

ビタミンA、ナイアシン、ビオチン、食物繊維

なども含み血管の老化を防止する効果もあります。 

 

ダイエット中の方も、
脂肪分のあるお肉などを控えめにして食べれば、
良いダイエットメニューになるでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

びわ湖花火大会2015
びわ湖花火大会2017!見どころと有料席や穴場スポットを紹介

毎年、湖畔の城下町を彩るびわ湖花火大会。2017年は8月8日(火)の1

PAGE TOP ↑