メンズブーツ!ブーツの紹介と濡れたらどうするお手入れ方法

公開日: : シューズ, ファッション, 季節, 生活

ブーツ

ブーツと聞くと手入れが大変そうなイメージ。

確かに長く使おうと思うとしっかりとした手入れが必要になってきます。

面倒だなあと思ってしまう反面、
ブーツの防寒能力には大変魅力を感じますよね。

そんなブーツのメンズの紹介と手入れ方法について
紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

まずはブーツの定番を紹介!

ブーツはくるぶしより上まで覆うような履物のことで、
長さによってデミブーツアンクルブーツなどと呼んだりもします。

また、素材もさまざまでスエードのものなどさまざまです。

雨の日に使ったりする長靴も立派なブーツなのです。

ではいくつかの定番ブランドに焦点を当てて紹介していきましょう!

 

Dr. Martens(ドクターマーチン)

ドイツのブーツブランドで、
パンク&ロック系のコーディネートで重宝されています。

価格は革製のもので2万円キャンパスのもので1万円ほどです。

 

Red Wing(レッドウィング)

アメリカのブランドで、
履けば履くほど自分の足になじんでいくという特徴を持ったブーツを製造しています。

革が厚く丈夫な反面、価格が4万円以上するものが多く、値が張ります。

 

Hawkins(ホーキンス)

イギリスの靴メーカーで、
現在はABCマートに商標権があります。

1万~2万円ほどと、比較的安価なブーツが多いですが、品質は高いです。

ファッションとして手を出しやすいアイテムを多く出しています。

 

雨の日にブーツは・・・

せっかく買ったブーツ、大事に履いていきたいですよね。

単刀直入にいって、雨の日に本革などのブーツを履かない方が良いです

本革は水に濡れると色落ちをしたり、形が崩れたりします。

濡れた後のケアが悪い場合はカビが生えてしまったりもします。

雨の日は濡れても被害が少ない合皮のものを使うのが無難です。

 

ブーツの手入れはどうしたら?

ここでは特に手入れが必要な本革のブーツに焦点を当ててお話しします。

まず、日々のケア

・汚れを落とす
・定期的に防水スプレーをする
・湿気を取り除く、

の三つです。

もし濡れてしまった場合は中に新聞紙を詰めるなどして日陰で干し
革用のワックスでケアすると良いです。

また、シーズンオフの間は箱に入れて保管する人が多いのですが、
本革製品は過湿を嫌いますので箱には入れず、
通気の良い暗所で保管すると良いでしょう。

本革のブーツは高価ですが、
しっかりとした手入れをすると数年使えるので、
だめにしないようにしっかりとケアしていきましょう。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑