阿波踊りを徳島へ見に行こう!

公開日: : 最終更新日:2014/07/07 お祭り

阿波踊りの歴史

世界にもその名を知られ、400年もの歴史をもつ徳島の阿波踊り。

毎年8月12日から15日までの4日間、期間中は、お囃子が鳴り響き、ぞめきのリズムに踊り子はもちろん、見物客の心も弾みます。

世界的にも有名にかかわらず、まだ見たことのない日本人の方も多いはずです。

「混雑していそうだなあ」とか「見に行き方がわからない」とおっしゃらず一度ぜひ見物にいってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

見物するには

無料の演舞場と有料の演舞場があります。

無料の方が気楽に見に行けますが、有料の演舞場は、実力や知名度のある「有名連」の演舞を中心にみることができより本物に触れることができます。

4つの演舞場があるのですが、どれもJR徳島駅から徒歩圏内にあり便利です。

 

宿泊や交通手段

混雑するため、公共の交通機関がやはり便利ですが、それでも車で来られる方、駐車場の心配をしなければなりません。

阿波踊りの期間中は、臨時駐車場が、いくつか儲けられそこからシャトルバスを運行しています。

一部有料の駐車場もあり、また無料駐車場でも交通整理料として、一人100円かかりますが、駐車場もすぐ満車になってしまいます。

そして、「せっかくなら宿泊して」とお思いの方、どのホテルもほぼ満室となります。

だいぶ前もってでないと近場のホテルを予約できないので、少し遠いところで宿泊し、公共機関で来るのが無難だと思います。

またこの期間中は、旅行会社の企画する「阿波踊り観光ツアー」などもあるので、利用してもよいかもしれません。

宿泊をお考えの方はこちら>>楽天トラベル

 

有料チケットをとるには

チケットは、ローソンやぴあなどで購入できるほか、徳島駅周辺でも購入することができます。

無料の演舞場で十分だと思って見物に来ても、有料の演舞を見たい!と思った場合、当日チケットはとれるのでしょうか?

チケットは、良い席から順番になくなっていくため座席にこだわらないのであれば、当日でも十分購入可能だそうです。

しかし祭りの期間中は、人込みで、なかなかチケット売り場を探すのは大変ですし、疲れます。

事前に購入しておくことを勧めます。

 

せっかくなので、徳島観光

阿波踊りで、身も心も弾んだ気持ちになったら、ぜひ徳島の他の観光名所も立ち寄ってみませんか?

徳島阿波踊り会館は、1年を通して阿波踊りに触れていただく施設です。

本物を見る前に立ち寄ってもよいかもしれません。

その他、徳島動物園、徳島植物園、徳島城博物館など、徳島の自然、歴史に触れる施設や、四国八十八ヶ所札所、日本一低い山弁天山などもあります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 2 follow us in feedly
  • LINEで送る
さっぽろ雪まつり2018!期間・会場、見どころや注意点など

日本の冬を代表するイベントと言えば「さっぽろ雪祭り」。1950年に地元

恵方巻き
恵方巻き2018!いつ食べる?ルールや方角の紹介

今では、全国的に食べられるようになった恵方巻き。その年の縁起を担いでい

神戸イルミ
神戸イルミナージュ2017!アクセス方法や見どころを紹介

神戸イルミナージュは、神戸フルーツ・フラワーパーク園内で毎年開催されて

茅ヶ崎花火大会2015
サザンビーチちがさき花火大会2017の日程とアクセス方法

茅ヶ崎の夏の風物詩、「サザンビーチちがさき花火大会」が、2017年も8

大文字焼
箱根強羅夏まつり大文字焼2017の日程と観賞スポット

毎年、8月16日に行われる箱根強羅夏まつり大文字焼。2017年も8月1

PAGE TOP ↑